人生いろいろ:大震災と人生態度6

† 若者にとっては、初めての震災体験であり全国からボランティア希望者が溢れている。映画の中では危機的状況が作られて、主人公らの活躍でハッピーエンドとなるのが定石。ただ、現実は違っている。

‡ 彼ら彼女らが、医療・福祉といった分野に、また科学・技術者といった進路を選ぶという進路選択にも影響を与えるだろう。やはり子どもたちが未来の希望であることには違いない。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑