愛のわざ20

「《普遍者》なる『太陽』から、幾条もの光が放たれ、そのなかをあまたのほこりが舞う……わたしは、そのなかの、一片のほこり」(アントニー・デ・メロ)1-422

I am one of the countless particles of dust that dance in the rays of the universal Sun.

・想像しやすい光景である。一片のホコリとして誇りを持って舞うということ。人生のダンスを今日も舞う。


**嫌いな人の人生がうまくいっているところを想像しなさい。

・誰かに自分の人生の舵をとらせるのはやめなさい…そう、誰の人生もあなたの人生とは違います
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑