酒気帯び:住職逮捕 「奈良漬け食べただけ」 奈良・橿原

酒気帯び:住職逮捕 「奈良漬け食べただけ」 奈良・橿原
2011年1月24日 毎日新聞

 奈良県警橿原署は24日、酒を飲んで車を運転し赤信号を無視したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県大和高田市松塚、住職、蓮本正照容疑者(49)を現行犯逮捕した。

 同署によると、逮捕前の飲酒検査で基準値を上回る数値が出たが、蓮本容疑者は「奈良漬けを食べただけ」と飲酒を否認。しかし、同署は「呼気から酒の臭いがし、検知したアルコールの数値は奈良漬けを食べた程度ではなかった」としている。

 逮捕容疑は24日午前1時20分ごろ、同県橿原市曽我町の国道24号で、酒気を帯びた状態で車を運転し、赤信号を無視した疑い。当初、「酒は飲んでいない」と供述していたが、その後、「スナックでウイスキーを飲んだ」と飲酒を認めたという。

 アルコール健康医学協会によると、通常の奈良漬けなら約400グラム(60切れ程度)食べないと基準値を上回ることはないという。



・嘘はつかないのが宗教家の第一歩だと思うのだが、理解はされていないようだ。このような微罪でネタになるのは、聖職者に対する厳しい見方とともにエールがあるのだろう。

アルコールを認めない宗教もあるが、適度ということと社会ルールは守ることは当然のことだろう。どの程度の濃度は書かれていないが、事故にならなくてよかった。

奈良で「奈良漬」とユーモアだったのか、思考力が薄れていたのか・・・。まあ、これからは奈良漬を車に常備しておいてね。

飲酒を「奈良漬食べた」と言い訳 奈良の住職を現行犯逮捕
2011年1月24日 共同通信

 奈良県警橿原署は24日、酒を飲んで車を運転し赤信号を無視したとして、道交法違反の疑いで奈良県大和高田市松塚、住職蓮本正照容疑者(49)を。橿原署によると、飲酒検査で基準値を超す数値が出たが、蓮本容疑者は「奈良漬を食べただけ」と飲酒を否認。その後「スナックでウイスキーを飲んだ」と認めた。同署は「呼気から酒の臭いがし、検知したアルコールの数値は奈良漬を食べた程度ではなかった」としている。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑