神の風景-人間と世間-10

「感謝とは、一つの自己発見であって、幸福に誘発された感情ではないのです。幸・不幸を越えて包容する大きな肯定の中に自分を発見した人は、すべての事態を受けとめるでしょう」(藤木正三)2-22感謝

・感謝をもって生きる。それは自分の感情に左右されるものではありません。どのような事態も、大きな包容の中にあることには違いないのです。感謝できないものに対しても思いをはせましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑