神の風景-人間と世間-9

「真理を求めるといいます。しかし、求めているふりをしながら、実は、真理から逃げているのではないでしょうか。逃げる、人間の本質です」(藤木正三)2-21背中

・真理を定義することは止めましょう。高等な話は止めましょう。真理ってことばに惑わされないようにしたいものです。真理をもって人は真理に殉じます。死ぬほどの真理とは何なのでしょうね。そうではなく、真理とは、その場から一刻も立ち去りたいという人間存在の逆説を示すものなのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑