「はい上がらなきゃ」=邦人女性、震災復興に取り組む―「ハイチのマザー・テレサ」

「はい上がらなきゃ」=邦人女性、震災復興に取り組む―「ハイチのマザー・テレサ」
2011年1月11日 時事通信

 カリブ海のハイチで死者22万人を出した大地震から12日で1年。この国に30年以上住み、医療活動に取り組んできた日本人女性がいる。医師で修道女の須藤昭子さん(83)。「はい上がらなきゃしょうがない。負けてはいられない」―。10日までに時事通信のインタビューに応じた須藤さんは、大地震やコレラ禍からの復興に力を尽くしたいと語った。

278095_c450.jpg

 須藤さんは1976年、クリストロア宣教修道女会(本部カナダ)の医師として、ハイチに赴任した。それ以降、首都ポルトープランス西方約30キロにあるレオガンの国立結核療養所で患者の治療に従事し、「ハイチのマザー・テレサ」の名が定着した。

 昨年1月の大地震で療養所は倒壊。その際、たまたま日本に一時帰国していて須藤さんは難を逃れたが、患者数人が亡くなった。地震前は医師6人前後が交代で勤務。「地震後にほとんどの医師が戻って来ず、週末に医者を置けない病院になってしまった」と肩を落とす。約50人の入所者は今もテントでの生活を余儀なくされている。

 須藤さんは80歳で診療現場から退き、今は療養所の再建に力を注ぐ。「予定通りには進んでいないが、私がやらなければ」と話し、引退の2文字には無縁な様子。「多くの人は自分の人生に自分で区切りを付けてしまうようだけど、何かしないと生きている意味がない」と強調する。

 農業振興と雇用創出を目指し、植林・農業学校の創設もかねて計画。今は地震で行き詰まった形だが、近い将来何としても実現する決意だ。

 苦難の中にあるハイチの人々については、「苦しみに対して我慢強い。どんな困難も乗り越えようとする性格が好き」。ハイチと共に歩み続ける須藤さんの思いは揺るがない。



・つくづく定年のない仕事はいいなぁって思う。医師もそうだ。最先端医療を必要としている人は多くない。途上国など人類のほとんどは感染症などの対策で助かる場合が多い。

ハイチ地震も、発生一年で正式に死者数のカウントを開始し30万以上が確認されている。日本人が海外で活躍することは本当に嬉しいことだ。

【Blog】 シスター須藤昭子 ハイチの話 ハイチの話をあれこれ綴ります。

“ハイチのマザーテレサ”須藤昭子さん 83歳日本人女医の挑戦
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑