Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集12

CD.153
・トッカータとフーガBWV.540
 ハンス・ファユス(オルガン)

† 足元にカメラを据えた動画で、動きがよく分かる。

‡ 動画はマリー=クレール・アランによる演奏。


J.S. Bach: Toccata in F major BWV 540 (M.C. Alain)

Marie-Claire Alain at the Christian Müller organ of St. Bavokerk in Haarlem (Holland)

《バッハ探究メモ》
マリー=クレール・アラン(Marie-Claire Alain, 1926年8月10日 - )はフランスのオルガニスト。大量の録音によって世界的に有名。
パリ近郊のサン=ジェルマン=アン=レーにて音楽家の一家に生まれる。父親アルベール(1880年-1971年)はアレクサンドル・ギルマンとルイ・ヴィエルヌに学んだオルガニスト兼作曲家。実兄ジャンも作曲家である。マリー=クレール・アランは、パリ音楽院でマルセル・デュプレのオルガン科に在籍し、首席に輝いた。 熟練したレジストレーション、オルガンの演奏習慣の歴史に関する学識、威厳に満ち、陰影に富んだ演奏によって、20世紀のまさしく最上のオルガン奏者に位置付けられている。驚異的な記憶力の持ち主で、演奏予定の曲目の楽譜を携えずに演奏旅行に出ている。

《ウィキペディア》 フリー百科事典
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑