Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集9

CD.151
・前奏曲とフーガBWV.544
 ハンス・ファユス(オルガン)

† パイプオルガンが活躍する管弦楽曲の一つに、サン=サーンス作曲交響曲第3番で「オルガン付き」と呼ばれている作品が有名。

‡ 動画は桜美林大のチャペルでの演奏。


J. S. バッハ:前奏曲とフーガ 変ロ長調 BWV544

桜美林大学のチャペルで行われているアフタヌーン・ミニコンサートでの演奏。

桜美林大学では、学生だけでなく近隣地域の皆様にも気軽に音楽を楽しんでいただけるよ­う、春学期と秋学期のお昼休みの時間にアフタヌーン・ミニコンサートをチャペルで開催­しています。オルガン、ピアノ、声楽、器楽など、バラエティーに富んだ演奏をお楽しみ­いただけます。

Organ:内海恵子 先生 Keiko UTSUMI

桜美林大学は学校法人桜美林学園が1966年に設置した大学である。桜美林学園はキリスト教主義学校として、1921年に米国オベレンカレッジで学んだ清水安三・郁子夫妻の創立した崇貞学園を前身とする。

《バッハ探究メモ》
バッハに関連した小説

『狂った旋律』
パオロ マウレンシグ , 大久保 昭男 訳
単行本: 211ページ
出版社: 草思社 (1998/12)

ロンドンのオークションで、17世紀チロル産のバイオリンを手に入れた「私」のもとへ、小説家と称する人物が訪れた。熱に浮かされたように、その楽器を買い取りたいと言う彼は、やがて自らの不思議な経験を語りはじめた…話者をかえながら、終始一人称で語られるこの小説の核になるのは、一人の辻音楽師の長い長い身の上話だ。ナチズムが影を落とすヨーロッパを舞台にした、彼の数奇な運命とは。そして最後に明かされる、意外な事実とは。50歳でデビューをはたした異色作家による、妙味あふれる小説。

30489620.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑