古文書 キリストの死の謎解明か

古文書 キリストの死の謎解明か
13.05.2013 ロシアの声

イエス・キリストの死の状況について述べられた古文書が解読された。エジプトで1910年、キリストの人生に関する2つの古文書が発見された。これらの古文書は収集家らの手を渡った後、ペンシルベニア大学の博物館とニューヨークのモルガン・ライブラリーの所有となったが、最近になって研究者たちの強い関心を呼んだ。

キリスト教では、キリストが処刑される前日に催された最後の晩餐を記念する聖木曜日という日があるが、古文書では、キリストが捕まえられたのは木曜日ではなく火曜日だったと記されている。

またキリストは十字架に磔にされる前、キリストの処刑に関与したとされるポンティウス・ピラトゥスの家を訪れ、食事を共にしたと記されている。ポンティウス・ピラトゥスは、自分の息子を犠牲に捧げる用意があったが、キリストは、姿を変えて自ら刑を逃れることができるとしてそれを拒否し、ポンティウス・ピラトゥスを祝福したという。

古文書では、ポンティウス・ピラトゥスとキリストの会話も記されており、それは今までのポンティウス・ピラトゥスに関する悪いイメージを払拭させるという。

古文書は、なぜコプト派のキリスト教会とエチオピアのキリスト教会では、ポンティウス・ピラトゥスが聖人とされているのかについて説明しているほか、キリストの「変身能力」についても初めて言及している。これにより、なぜユダの接吻が必要であったかが部分的に理解できる。キリストは有名だった。そのため、ユダが接吻しなくても、誰がキリストなのかわかったはずだ。

古文書は真意の疑わしいものである可能性がある。古文書は、書かれている出来事が起こってから約800年後の今からおよそ1200年前に書かれたものだとみられている。

diletant.ruより http://www.diletant.ru/



・キリストの伝説・伝承の類は多くあり、その一つになろう。書かれたのが後代なので信頼性は薄いだろう。

イエス・キリストの実像は分かるはずもなく、だからこそ混乱し対立する側面がある。優れた師は、ことばの限界を十分に知っているので書き残すことを敢えてしない場合もある。

問題は、自分自身の考えを巧妙に師の教えに沿って構築する弟子たち、学者らの問題になるのだが、宗教の名のもとに行われた数々の蛮行を考えると、聖典の扱い方は難しいものだ。
スポンサーサイト

人生いろいろ:俳優・西田敏行と涙

† 俳優・西田敏行がもらい泣きする場面をテレビで見ることが多い。探偵ナイトスクープという彼が司会をしている番組でも、感動的なシーンが演出されていると目を赤くしてしまう。加えて演劇界での訃報が続き共演俳優ら死に接してこらえきれない感情を伝えてくれる。その人柄にホットすることがある。

‡ 彼は、森繁久彌亡き後、NHKラジオ第1で新日曜名作座の後継者として竹下景子と二人語りをしている。この番組は、男性役は西田、女性役は竹下が声色を使い分けて演じるという極めて難度の高いもの。森繁、加藤道子という名優に続くもので、西田の力量を知ることができるものだ。俳優というのは自分を殺してなりきるというもので私生活を隠していることも多いのだが、彼のように感情を隠さないことは誰にもできるものではない。

コプト法王がバチカン訪問 40年ぶり、ローマ法王歓迎

コプト法王がバチカン訪問 40年ぶり、ローマ法王歓迎
2013.5.10 産経ニュース

 キリスト教の一派、エジプトのコプト正教会の法王タワドロス2世が10日、バチカンでローマ法王フランシスコと会談した。コプト正教会の法王がバチカンを訪問するのは約40年ぶり。

 ローマ法王庁などによると、法王フランシスコは「きょうの訪問は両教会の友情と兄弟愛の絆を強める」と歓迎し、タワドロス2世と共に祈りをささげた。タワドロス2世も法王をエジプトに招待した。

 コプト正教会の前法王、シェヌーダ3世は1973年にローマ法王パウロ6世をバチカンに訪問し、両教会間の対話に関する共同声明に署名した。2000年にはローマ法王ヨハネ・パウロ2世がシェヌーダ3世とカイロで会談している。

 コプト教徒はイスラム教を国教とするエジプトで、人口の10%程度を占める少数派。5世紀に教義上の相違からローマ法王庁とたもとを分かった。(共同)



・このところ報道も一段落したローマ法王の動静が伝えられた。清貧のあり方を貫くということだが、前法王時代に負の遺産はなくなってしまったわけではない。

今後どのように、改革するのか保守回帰するのか手腕が問われることになる。


7月下旬にリオへ初外遊 ローマ法王
2013.5.8 産経ニュース

 ローマ法王庁(バチカン)は7日、法王フランシスコが7月22~29日の日程でカトリック教会の祭典「世界青年の日」が開かれるブラジル・リオデジャネイロを訪問すると発表した。3月の法王就任後、初の外遊となる。

 法王は28日に大規模なミサや祈りの集いを開くほか、世界中から集まる若い信者らと交流。ルセフ大統領との会談や、ファベーラ(スラム街)訪問も予定されている。

 世界青年の日は2~3年ごとに世界各地で開かれる。法王庁によると、ことしはこれ以外に法王の外遊の予定はない。(共同)


人生いろいろ:夢が分かる時代に!?

† 国際電気通信基礎技術研究所の研究で、脳波と夢の関係の一端を解明したと報道された。それによると被験者に夢を見てもらい起こし、その時の脳波との関連を調べた。いくつかのカテゴリーに分けたようだ。画像を見ているのと同じように脳が活動しているという。

‡ 以下のネット投票に印をつけてみて、自分自身の夢見にも特徴がある。悪夢は比較的よく覚えている。それは仕事・学業に関連している。ただ上記のものも将来的には、脳と脳をつなぐという壮大な計画の一端となるらしい。これだけ複雑な脳活動が分かるとは思えないが、DNAの解析のように分かってしまう時代が来るのだろうか。


goo投票:よく見る夢はどんな夢?

国際電気通信基礎技術研究所は、睡眠中に見た夢を推定することに成功したそう。さて、よく見る夢はどんな夢?

何かに成功する夢
何かに失敗する夢 ⇒○
恋愛関連の夢
友人が出てくる夢
家族が出てくる夢
好きな有名人が出てくる夢
仕事に関する夢 ⇒○
昔にタイムスリップしている夢
エキサイティングな夢
現実離れした夢
ちょっと怖い夢 ⇒○
楽しい気分になる夢
見知らぬ風景を見る夢

新幹線×興福寺 日本初「コラボ駅弁」 販売大手が挑む

新幹線×興福寺 日本初「コラボ駅弁」 販売大手が挑む
2013年5月5日 産経ニュース

【駅弁開発物語】(1)

 東海道新幹線での車内販売などを行うジェイアール東海パッセンジャーズ(東京都中央区)は、興福寺(奈良市登大路町)が監修した期間限定のコラボ駅弁「心(こころ)」(税込み900円)を発売した。鉄道と寺、寺と駅弁いう意外な組み合わせが話題となっている。

 「記念商品でキャンペーンを盛り上げよう」。親会社のJR東海が奈良の誘客キャンペーンの対象寺に興福寺を選んだことがきっかけだった。同寺の南円堂が創建1200年を迎え、北円堂・南円堂の特別公開を実施することになっていた。興福寺が「奈良と寺の魅力を知っていただく良い機会になりますね」と前向きだったこともあり、コラボレーションによる駅弁を開発することになった。

 キャンペーン開始まで半年。早速、プロジェクトチームが立ち上がった。経営管理、列車事業、店舗事業、開発、広報の各担当者が集められたほか、親会社・JR東海からも招集。部署、資本関係の上下を超えた構成は異例のこと。寺院とのコラボした弁当も前例がなく、全く白紙の状態だ。

 「お寺とコラボのお弁当なんて聞いたこともない。前例もなく他社も作っていないだろうし、制約も多いだろうし、本当に成功するのかな」(総務部広報担当の和田さん)と戸惑いもあった。東海道新幹線を利用するビジネスマンや女性に照準を絞った商品はあっても、地域の魅力を伝える駅弁を手掛けたことはなかったのだ。

  幹部からは「一切口出ししないので、君たちで一から作ってみなさい」。コンセプトは? ターゲットは? うれしい半面、不安も募る。長年弁当を扱ってきただけに売れる商品を作るのは当たり前、さらにプラスアルファがないと心には響かない…。

 東京に本社を置く駅弁販売大手が、駅弁作りに初めて挑戦した。



・期間限定ということであるが、こうしたコラボは初めてだというのが新鮮なところだろうか。興福寺に関連した料理やパッケージ、おまけ引換券付きと嬉しいかも。今までなかったのが不思議なくらいだ。

世の中には鉄道ファンが多いということに加えて、昨今の寺ブーム、駅弁ブームなどヒットしないはずもない。結局、こうした差別化を図ることが売り上げアップにつながるわけでノウハウは次の提携に役立つことだろう。


駅弁初!興福寺監修のお弁当「心」(こころ)
4月3日より期間限定発売!

◇商品概要「心」(こころ) 株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズ

 今春、奈良「興福寺」では、南円堂創建1200年を記念して、北円堂とあわせ、通常非公開の国宝を特別公開します。それに伴い、当社では、駅弁初となる興福寺監修によるお弁当、「心」(こころ)を発売いたします。

 掛け紙に描かれている題字「心」は、興福寺貫首、多川俊映氏が揮毫したものです。“いってらっしゃい。がんばって。おつかれさまでした。”と、心温まるお言葉をかけられているようです。

 ふたを開けると、彩りも鮮やかに盛り付けられた旬の食材が目に飛び込みます。なかでも「茄子とこんにゃくの田楽味噌」は興福寺秘伝の味噌を再現しており、胡麻の風味が口いっぱいに広がるます。そのほか、五色幕をイメージした興福寺オリジナルの「精進ふりかけ」をまぶしたご飯、豆腐に海苔を貼り合わせ蒲焼きに見立てた「蒲焼きもどき」なども入り、見た目も味のお楽しみいただけます。

 また、お品書きの裏面には、「興福寺国宝特別公開2013」で限定記念品と交換できる引換え券も付いており、再建中の中金堂の貴重な木材を使用した“根付け”と“にほひ袋”の二種類いずれかと交換することができます。

「心」は、召し上がる全ての方に“日本人が古から持つやさしくやわらいだ心情「大和心」を感じてほしい”、そんな思いで作り上げられました。肉・魚を一切使っていないにもかかわらず、しっかりと満足でき、召し上がったあとに温かい気持ちになれるお弁当です。

 ご旅行の方だけでなく、普段忙しいビジネスマンにもぜひお召し上がりいただきたい逸品です。お客様の心も満たしたい、そんな思いが詰まった期間限定のお弁当「心」をぜひともご賞味ください。

◇おしながき
 白飯
 精進ふりかけ
 わらび白和え
 花びら大根
 蒲焼きもどき
 たらの芽天ぷら
 黒胡麻豆腐
 白花豆甘露煮
 桜花塩漬け
 茄子とこんにゃくの田楽
 煮物(湯葉、筍、南瓜、里芋、人参、こごみ、桜麩)

45556.jpg

販売期間:平成25年4月3日(水)~平成25年6月(上旬)予定
販売価格:900円
販売箇所:東海道新幹線車内および東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪駅の当社弁当売店 ※一部販売していない列車・売店もございます。


NHKスペシャル コンピューター革命 最強×最速の頭脳誕生

NHKスペシャル
コンピューター革命
最強×最速の頭脳誕生
2012年6月3日 NHK総合

地球上の全70億人が一斉に取りかかっても数十日間かかる計算をたった1秒で行うという“世界最速”の頭脳・理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピューター「京」と、人間の言葉を聞いて理解し、人気クイズ番組で全米チャンピオンを破った“世界最強”の人工知能・IBMの「ワトソン」。激烈な競争の末に生まれたこの2つの頭脳は、人間社会を劇的に変貌させる可能性がある。

地球温暖化や津波の被害予測、遺伝子創薬など最先端分野での技術開発のスピードを一挙に短縮する「京」。過年去の出来事をすべて知識として蓄え、経済危機脱出のシナリオを描いたり、症例から、医師に代わって診断を下すなど、人間を記憶から解放する「ワトソン」。両者が目指すところはひとつ、人間を実験や計算、知識の暗記といった単純作業から解放し、より高度な知的活動に専念させることだが、“知性”と呼ばれてきたものをコンピューターが肩代わりするようになった結果、私たちの社会はどう変わるのだろうか。バラ色の未来か、仕事を奪われる悪夢か。

世界各地で進むコンピューター革命の最前線ルポに加え、コンピューターが高度に発達した近未来の東京を舞台にしたアニメも挿入し、変貌の行方を描き出す。

ディレクター:植松秀樹 立花達史



・計算速度世界一を誇る「京」から、人工知能コンピューター「ワトソン」(IBM)と次世代の「セコイア」、日本の研究機関で行われている研究の様子を伝える。

番組では、アニメを使って2020年の日常を描いている。ビッグデータといわれる人類の知識を蓄積し瞬時に計算することで多くの応用が期待されている。

その未来図は、バラ色なのかそれとも…。災害対応、医療の治療や製薬応用など身近な話題から、これらの技術が起こす新しい社会とはどんなものになるのだろうか。

元来コンピューターの得意な分野は大量のデータを決まった計算によって答えを出す機械であったが、「機会学習」という学習機能を付加することで人間に近い判断をできるようになった。

実に大きな話題であるので、想像が膨らんでしまうのだが、SF好きのために、こうした話題は楽しい。スタートレックでは、こうした人工知能と呼べるものが当然とする設定であり、その中で様々な起きるであろう問題を先取りして提示している。

例えば、人間の行けない危険な場所に入って修理をするロボットがあった。ある時、その作業中に問題が起こり結果として分かったことは、そのロボットが仲間のロボットを助けるために犠牲となったということで、彼らを生命体と認めるという内容のエピソードであった。

生命とは何か。私たちは人間を中心に考えているのだが、炭素ベースで骨格を持ち代謝をすることで生きるものが生命だと考えていると思うが、それだけが生命なのだろうか…。こうした問いを、SFの世界では何度も考えさせられた。

最近、プロ棋士と将棋ソフトの対局が認めらて始まっているが、コンピューターソフトの勝利が続いている。こうした身近な話題から、コンピューターの中で様々な再現実験(シュミレーション)ができる利点が大きい。

創薬などは、数限りない組み合わせから最適な化学物質の発見を可能とすることができるという。

番組では、ディリバティブという金融取引で起きた株価暴落のがフラッシュクラッシュ(瞬間暴落)と呼ばれる現象を引き起こしたことを紹介していた。現在では株取引はコンピューターに任せて瞬時の判断で売買されており、最適解を求めることが人間のしない取り引きをし結果として瞬間的に株価を乱高下させたというものだ。

現在でも、遺伝子レベルで将来罹患する病気を予想できる技術があるというが、いろいろな人体データを蓄積することでも人体のシュミレーションは可能となってくるという。

この番組では全く出演しなかったが、「京」の事業をマネージメントした方のNHKラジオ番組を聞いた。その話も大変面白くて、開発の裏話を知ると人間臭いものであると思う。

印象的だったのは、この施設を建設するために、まず第一歩から始めるということだった。目標を定め研究者・技術者を集め、具体的に工期を作って一歩一歩進めていく。その歩みは人間的であり面白かった。シュミレーションすることと現実に作り上げることは大きく違うのだ。

この番組でも、そうした面も伝えても良かったと思ったりする。なぜなら夢のような技術も、実は人間の知恵の結晶に過ぎないとも言えるからだ。

コンピューターが思考力を獲得し人間の上に立った時に、我々はどうなるのだろうか。所詮、有期の壊れやすいちっぽけな存在である人間の価値を認めてもらえるのだろうか。

SF番組でも、どう生きるのか等々の問題に人工知能は答えることができないという筋になっている。それは、過去の文献を網羅しても答えがないからだ。では人工知能は、人間にどう生きるかを指し示すことができるのだろうか。あなたは、将来どのくらい生きて、どのような疾患で亡くなるとは断言できるにしても、明日はこう生きなさいと言うアドバイスができるだろうか。

番組では、国立情報研究所・新井紀子教授のインタビューを通してメッセージを送った。それは、何が大事なのか、何を大切に思うのかという価値観が問われるということだろう。それを判断できるうちは人間は生きていけるのだろう。


(参考)
関西発ラジオ深夜便 ▽明日へのことば                     
「スーパーコンピューターに賭ける」           
理化学研究所“京”プロジェクトリーダー 渡辺貞
2013年3月9日深夜 NHKラジオ第1

理化学研究所 次世代スーパーコンピュータ開発実施本部
 http://www.nsc.riken.jp/index_j.html


追加情報

2位じゃダメ…「京」の100倍スパコン開発へ
2013年5月6日 読売新聞

 文部科学省は来年度から、理化学研究所のスーパーコンピューター「京けい」の約100倍の性能を持つ「エクサ(100京)級スパコン」の開発に着手する方針を固めた。

 2020年ごろまでの完成を目指し、来年度予算の概算要求に概念設計費などを盛り込む。専門家による作業部会が8日、中間報告案をまとめる。

 1秒間に1兆の100万倍回の計算が可能なエクサ級スパコンは、欧米や中国がすでに、20年前後の完成を目指して研究を進めている。作業部会では国際競争の激しいエクサ級スパコン開発への参入が、「科学技術の発展や産業競争力の強化に貢献できる」と判断した。「京」は11年にスパコン計算速度ランキングで世界一になったが、昨年は米国勢に抜かれて3位に後退しており、日本はエクサ級スパコンでの首位奪還を目指す。



スパコン「京」、抗がん剤候補物質を続々発見
2013年8月24日 読売新聞

 スーパーコンピューターの可能性を探るシンポジウム「スパコン『京』の今後はどうなるの?」が24日、東京都文京区の東京大学伊藤謝恩ホールで開かれ、約410人が聞き入った。シンポは理化学研究所(理研)の主催。

 平尾公彦・理研計算科学研究機構長は、昨年9月に本格稼働した「京」の成果として、新たな抗がん剤の候補物質を10種類以上発見したことなどを紹介。新浪剛史・ローソン代表取締役CEOは「スパコンの高い計算技術は、競争力強化や社会問題の解決に不可欠」と期待を寄せた。

 パネル討論ではノンフィクション作家の山根一眞さんら6人が、次世代のスパコン開発について意見を交わした。



<スパコン京>解析速度競う「グラフ500」で1位に
2014年6月24日 毎日新聞社

 理化学研究所は24日、複雑なデータ解析の速度を競う国際ランキング「グラフ500」で、理研計算科学研究機構(神戸市)のスーパーコンピューター「京」が初めて世界1位を獲得したと発表した。日本のスパコンがグラフ500で1位になるのは初めてという。

 一方、スパコンの計算速度を競う「TOP500」も23日に発表され、「京」は前回に続き4位だった。

 グラフ500は、社会で起こる複雑な現象の分析に使う「グラフ解析」のランキング。プログラムを含めた総合的な能力が求められる。半年に1度更新され、京は前回は4位だった。グラフ解析はビッグデータの解析にも利用されるため、研究が盛んになっている。【斎藤広子】



スパコン「京」に迫る危機…電気代高騰、STAP余波など難題が直撃
2015年2月22日 産経新聞

 日本が世界に誇るスーパーコンピューター「京(けい)」が思わぬ難題に直面している。淡路島の4割強の世帯の消費量に匹敵する電力が必要だが、関西電力の度重なる電気料金値上げが直撃。さらに京を運営する計算科学研究機構(神戸市中央区)を傘下に持つ理化学研究所が、STAP問題に伴う予算削減危機に直面している。研究面では世界的成果を順調に挙げている京だが、先行きに暗雲が漂う。

 「中央演算処理装置(CPU)を3万個以上使う計算を行う場合は、事前に消費電力の確認を」

 計算科学研究機構は、関西電力が電気料金を値上げした平成25年春以降、京を利用してシミュレーションを行う研究機関や企業に対し、電力の急上昇が見込まれる場合は、短い時間に計算が集中しないよう呼びかけている。26年度は利用が減る年末年始に一時的に京の運用を停止する準備も進めていたほどだ。

 スパコンの心臓部であるCPUを京は約8万8千個備え、1日約600万円強もの光熱費を消費する。CPUを搭載する計算機は約860台。一度電源を落とすと再稼働には数時間かかるため24時間年中無休での稼働が原則だ。理研によると、年間の消費電力量は一般家庭約2万5千世帯分に相当するという。さらに4月から予定されている関電の再値上げ幅が10%強とすると、単純計算では年間2億円強の光熱費増となる。

 理研は京を冷やすエアコンの稼働調整や館内の照明削減などを実施。また、計算科学研究機構の各部署で予算を削ったり、所属する研究者の学会出張を減らしたりなど涙ぐましいコスト削減に努めてはいる。

 ただ、施設での電力の95%以上は京とその関連設備で使用されており、京の運用に大幅な制限をかけない限り電力コスト削減には限界がある。

 追い打ちを掛けるのが予算の先細りだ。民主党政権時代の事業仕分けで京もやり玉に挙げられ、事実上の凍結と判定されたが、仕分けへの批判もあって“復活”を果たした。だが、27年度は計算科学研究機構の予算が4千万円強削減される見込み。理研元研究員の小保方晴子氏によるSTAP細胞の論文不正問題で理研への風当たりが強まり、文部科学省が理研全体の予算で異例の減額要求したことなどが背景にある。機構は「今後の光熱費対策を考えると頭が痛い」と話す。

 京はかつて計算速度で世界最速を誇ったが、今は4位。政府は京の100倍の計算速度をもつ次世代機を開発中だが、当面は「京頼み」が続くうえ、次世代機は、京よりも消費電力がかさむ。スパコンの運営が立ち往生すれば日本の科学技術振興にかかわるだけに、研究者らの不安も募っている。

                ◇

 【京】 理化学研究所と富士通が共同で開発したスーパーコンピューター。国の主導で世界1位の計算速度を目指して開発が始まり、総事業費約1120億円で平成24年9月、神戸市の人工島・ポートアイランドで本格稼働した。計算速度は1秒間に1京(京は1兆の1万倍)回。脳の神経回路の様子を再現する世界最大のシミレーションなどの学術利用のほか、自動車の車体設計など民間企業の利用も進んでいる。


DVD カンニング竹山単独ライブ「放送禁止 2012」

カンニング竹山単独ライブ「放送禁止 2012」

今年で7回忌となる相方・中島忠幸の死について語る。「人の死と笑い」をテーマに、竹山が鋭く切り込んだ意欲作!

act.1 カンニングの歴史
act.2 相方の死で笑える話を作ろう!
act.3 リサーチ演説 葬式について
act.4 相方の死で笑える話を作ろう!~告別式編~

■開催日時
  2012年8月31日(金)/9月1日(土)/9月2日(日) 計3回公演
■場所 銀座 博品館劇場

<出演> カンニング竹山  ひぐち君(髭男爵)/上田浩二郎(Hi-Hi)
<構成・演出> 鈴木おさむ

販売元: ポニーキャニオン 本編119分
DVD発売日: 2013/02/20



・博品館劇場での公演最終日のライブを収録したDVD。

このDVDに関しては、当初はDVD化する予定もなく終えるはずだったが、カンニング竹山の周辺にいる芸人たちから是非残すべきだと言われ、カンパしてでもという思いに応えた販売となった。この放送禁止というライブシリーズは、初期の頃に別会社からDVD化している。ただ、昨今はDVDの販売不振で必ずしもDVDに残すことができない時代となっているという。この単独ライブは、カンニング竹山が製作費を出しての公演であり赤字覚悟で行っているという。

個人的には、お笑い芸人には興味はないのだが、彼の出演するTBSラジオ情報番組を聴いていて、非常にまじめな人柄に好感を持っている。彼の漫才も見たことがないのだが、この単独ライブに関しては公演前から話をしていて、白血病で亡くなった相方芸人について、初めて語るということで興味を抱いた。

舞台には祭壇がしつらえてあり、それを前にして上記の構成でしゃべりを中心に展開していく。内容は、人の死と笑いというもので、相方芸人の死を美化したり誇大視するのではなく、出会いや闘病にかかる竹山や周辺の芸人とのエピソードを交えて展開される。

生前に、このコンビがどのようであったのかは全く知らない。だが、芸人として人間としての一人の生きざまを通して感じさせることがある。それを様々なエピソードを交えて笑わせたり、時事ネタや所属事務所の悪口を言ったりとテンポよく進む。

カンニング竹山にとっては、七回忌を前にして、相方芸人の思いからピン芸人としての新たな出発の思いを告げて終幕となった。なおカンニング竹山の話では、過去のDVDと違ってほとんどライブ収録そのままをDVD化したもので、伏音も一部分だけであった。もし放送ならばカットされそうな箇所はいくつもあるのだがDVDなのでギリギリOKといったところだ。

人の死について語ることは、自ずと死生観のようなものが出てくる。カンニング竹山にとっては、この6年に溜めてきた感情を笑いというものを通して昇華させたかったのだろう。誰もが経験するのだが、とても真剣な時に人間は笑ってしまったりすることがある。それは場に相応しくないのだが、人間的だとも思える。

この単独ライブだが、むろん演出がありネタも入っているから真面目に見る必要はないだろうが、現実に寄り添った人の死を語っているのだから汲むべきものがある。他人の死を笑いにすると言えば聞こえは悪いのだが、亡くなった人を思い起こす時にはホットできるエピソードを思い出したい。

彼らのコンビ結成の偶然性を含めて、人と人はつながっており、それは時間・空間をも超えて人間に寄り添っていくものだと思う。そして誰しも、振り返ってみれば必要な人との出会い・別れを繰り返しながら深い人生の奥義を知っていくことができるところに生命の不思議さがある。

ナビゲーション「在宅介護クライシス~“死を考える”家族の苦悩~」

ナビゲーション「在宅介護クライシス~“死を考える”家族の苦悩~」
2013年2月22日 NHK名古屋(中部7県向け)

在宅で介護する家族が追い詰められている。富山市が初めて行った、介護家族4100人へのアンケート。3人に1人が絶望的な気持ちを感じやすい「抑うつ」の状態、そして実に5人に1人が「死ぬことを考える」と答えたのだ。その背景には、去年4月診療報酬が改定され、病院から自宅に患者を帰す流れが加速したことがある。重症の患者を、自宅で介護しなければならない家族が増えているのだ。深刻化する在宅介護の現場に迫る。

出演者:富山福祉短期大学看護学科長・教授…炭谷靖子
キャスター:NHK名古屋放送局アナウンサー…長野亮
報告:熊田繁夫(NHK富山)
NHK富山放送局制作


・富山市と国立長寿医療研究センターのアンケート(55項目の質問、回収率70%)から在宅介護の問題点を探った番組。診療報酬改定で昨月から4月から入院日数の短縮に誘導されたためだ。

一日のほぼ全ての時間を介護に費やす介護者の抑うつ状態が浮き彫りに。重症患者の場合は、ショートステイやデイサービスを利用することができない。また医療行為も家族が負担することになる。

医師や看護師が、医療の中核となるのだがマンパワー不足がある。また訪問診療医や訪問看護師は、家族の悩みをじっくり聴く時間はないというジレンマにある。

この番組の元になった富山局のリポートは2012年12月27日に放送された。このリポートでは、調査を行った国立長寿医療研究センターの荒井由美子医師のインタビューと富山市保健所の講習会を中心に構成してある。

発信とやまWeb 2013年01月24日「在宅介護者 3人に1人"抑うつ状態"」
 http://www.nhk.or.jp/toyama-blog/200/144367.html

今回の放送では、大幅に構成を変えて新たに訪問看護師、在宅診療医を取材し、患者家族も一家族増えていた。

さて関連する情報を得ようと富山市役所を検索したが有効な情報は全く得られなかった。このアンケートについても詳細は不明である。ただ、国立長寿医療研究センターの研究報告として発表されることになるだろう。

番組ゲストの話にもあった通り、独りで抱え込むことが抑うつ状態を促進することは間違いなく、地域包括支援センターなどプロの支援を得ることが望ましいだろう。

新たに述べることもないが、国は地域で生きることが高齢者・障がい者にとっては良いとし病院・施設から早期に追い出す政策をとっている。国の言い分では、地域に新たにサービスを展開し安心・安全24時間介護サービスを展開すると言っている。

しかし、その詭弁によって、現実に介護家族を含む自殺や殺人事件などにつながるという状態になっている。国の政策の背景については触れられておらず、その点の追求が欲しかった。

【資料】文化庁 海外の宗教事情に関する調査

海外の宗教事情に関する調査 (外部リンク)
  http://www.bunka.go.jp/shukyouhoujin/kaigai.html

 文化庁文化部宗務課では,諸外国における宗教(団体)に関する制度や,宗教と社会との関わりについて調査を行っています。
 これまでに実施された調査の諸結果は,宗務行政の参考に資するとともに,広く宗教界,宗教研究者及び各方面への参考資料とするため,報告書として取りまとめています。

海外の宗教事情に関する調査報告書 (平成24年3月発行)
  調査対象国 カナダ,ロシア,スペイン,スウェーデン
・ 資料編6 カナダ宗教関係法令集 (平成24年3月発行)
・ 資料編7 ロシア宗教関係法令集 (平成24年3月発行)
・ 資料編8 スペイン宗教関係法令集 (平成24年3月発行)
・ 資料編9 スウェーデン宗教関係法令集 (平成24年3月発行)

海外の宗教事情に関する調査報告書 (平成20年3月発行)
  調査対象国 イギリス,ドイツ,フランス,イタリア,アメリカ
・ 資料編1 イギリス宗教関係法令集 (平成22年3月発行)
・ 資料編2 ドイツ宗教関係法令集 (平成22年3月発行)
・ 資料編3 フランス宗教関係法令集 (平成22年3月発行)
・ 資料編4 イタリア宗教関係法令集 (平成22年3月発行)
・ 資料編5 アメリカ宗教関係法令集 (平成22年3月発行)

海外の宗教事情に関する調査報告書 (平成17年3月発行)
  調査対象国 韓国,タイ,シンガポール,インドネシア,マレーシア,フィリピン,インド,パキスタン,バングラデシュ,イラン,トルコ,ブラジル

【資料】文化庁 宗教年鑑

宗教年鑑 (外部リンク)
  http://www.bunka.go.jp/shukyouhoujin/nenkan/index.html

 文化庁文化部宗務課では,毎年『宗教年鑑』を公表しています。構成は,各宗教系統別による第1部「日本の宗教の概要」,宗教統計調査の結果をまとめた第2部「宗教統計」,文部科学大臣所轄の宗教法人等をまとめた第3部「宗教団体一覧」となっています。

井の頭公園で放火か、稲荷神社全焼

井の頭公園で放火か、稲荷神社全焼
2013年5月2日 TBS

 東京の井の頭公園にある小さな神社が全焼しました。

20130502 214543

 1日午後11時すぎ、三鷹市の井の頭公園で、近所に住む男性から「自宅から鳥居が燃えているのが見える」と119番通報がありました。消防が駆けつけ、火はおよそ30分後に消し止められましたが、公園の中にある親之井稲荷尊神社8平方メートルが全焼しました。

20130502 214505

 周辺に火の気がないことから、警視庁は何者かが火を付けた放火事件の可能性が高いとみて調べています。



・ほこらや小さな鳥居などの一部が焼失した。映像を見ると大勢の人たちが出入りする位置ではない。


東京・井の頭公園の神社焼ける 放火の疑いで捜査 警視庁
2013.5.2 産経ニュース

 1日午後11時10分ごろ、東京都三鷹市の井の頭公園内の「親之井(おやのい)稲荷尊神社」から出火、ほこらや鳥居などの一部が焼けた。神社付近には火の気がないことから、警視庁三鷹署は放火の疑いがあるとみて、詳しい出火原因を調べている。

 同署によると、神社のほこらは高さ約2・5メートル、奥行き約4メートル。線香などを立てる燭台(しょくだい)は置かれていない。現場近くの喫茶店従業員が神社から火が出ているのを発見し、119番通報した。

 井の頭公園は夜間も人の出入りが可能だといい、同署は付近の防犯カメラの解析などを進めている。


人生いろいろ:事件と取材者

† 愛知県下で頻発していた連続不審火事件だが容疑者と思われる男が逮捕されて一段落。かなり狭い範囲内で起きていただけに、犯人は捕まえてほしかったとも感じていた。その取材をしていた某テレビ局だが、火をつけられた現場に近くいてタイヤが燃えている様を撮影した。撮影しながら、110番してくれと大声で叫んでいた。ところが目前の炎を自らは消そうと努力もせず、自警団員が駆けつけて消火器で消すところを撮影した。

‡ こうした記者・カメラマンが目前で起きることに対して、どう行動するのか難しいと思う。スクープを撮りたいという気持ちは分かるが延焼しないような措置を取らずにいることに疑問を感じる。昔、某宗教団体の大幹部が取材者らの目前で刺殺された事件があった。取材者らは目前の蛮行を傍観していてよかったのだろうか。ただ、それが違った状況だったらと考えると分からなくなる。

530万円 金の仏具盗難 札幌三越「大黄金展」

530万円 金の仏具盗難 札幌三越「大黄金展」
2013/05/02 北海道新聞

 2日午後3時25分ごろ、札幌市中央区南1西3、百貨店「札幌三越」9階催事場で開催中の「大黄金展」で、18金製の仏具の鈴(りん)(販売価格約530万円)が無くなっているのを展示会関係者の男性が発見し、札幌中央署に通報した。同署は窃盗事件とみて、詳しい経緯を調べている。

 同署によると、盗まれた鈴は貴金属販売業「富士養老の滝」(東京)の所有で、直径約11センチ、重さ約550グラム、布団に置かれていた。販売用の商品でもあり、鎖などはついておらず、来場者が自由に手に触れられる状態だったという。会場には警備員1人が常駐していたほか、同社の従業員が常に鈴の付近にいたという。

 大黄金展は同社など複数の業者の共催で、4月30日から5月6日まで開催予定。純金製の置物など約千点を展示販売していた。



・仏具というよりは美術展示品扱いのようだ。盗難防止について配慮がなかったようだ。


530万円相当の金の仏具盗難、札幌のデパート
2013年5月3日 TBS

 札幌のデパートで開かれていた金製品の展示販売会の会場から、530万円相当の金の仏具が盗まれました。

 金の仏具が盗まれたのは、札幌三越で先月30日から開かれている「大黄金展」の会場で、2日午後2時半ごろ、従業員が展示されていた「りん」1個がなくなっていることに気づきました。

20130503 7052

 盗まれた「りん」は直径10.5センチ、重さ550グラムの18金製で、価格はおよそ530万円だということです。「りん」はガラスケースなどには入っておらず、直接手に触れられる状態でした。

 会場の警備員は1人だけで、警察は窃盗事件として警備体制や防犯カメラの映像を調べ、捜査を進めています。



参考
20130503 71244

追記

金の仏具「りん」:「きれいだったので」盗んだ女性逮捕
2013年05月11日 毎日新聞

 札幌市中央区の百貨店「札幌三越」で展示販売中の金製仏具「りん」(約550グラム、約530万円)が盗まれた事件で札幌中央署は11日、北海道小樽市銭函2、無職、茂泉(もいずみ)真寿美容疑者(45)を窃盗容疑で逮捕した。10日午後10時半ごろ、夫に付き添われて自首。「きれいだったので欲しくなった」という趣旨の供述をしているという。

 同署によると、自首した際に持参した「りん」は火であぶったように黒くすすけ、下部に直径1センチ程度の穴があいていた。

 容疑は2日午後2時半ごろ、札幌三越9階で開催されていた「大黄金展」の会場から、仏前で鳴らす「りん」を盗んだとしている。かばんに入れて持ち去ったと容疑を認めているという。

 会場の防犯カメラに映っていた不審者が、JR札幌駅の改札口に向かう姿が別の防犯カメラに記録されており、同署は駅から列車で逃走したとみて行方を追っていた。【野原寛史、遠藤修平】


神の風景-人間と世間-118

「自分で考え、自分で企て、自分で実行し、その結果に自分で責任を負いうるようなことは、大したことではないのです。むしろ大事なことはそういう自分のはからいに関係なしに、有無をいわさぬかたちで起ってくるのではないでしょうか」(藤木正三)2-140何かのはからい

・「何かのはからい」と言うべきものが確かにあるのです。それをどう受けとめて生きるかが究極的人生態度です。辛いこと厳しいことを自ら望んで引き受ける人はいないでしょう。
↑