座禅の呼吸プロセス

20121010 171028


・腹式呼吸の方法は、教える人によって説明が異なると思うが、長く吐く⇒自然に、吸い込む⇒止める という順番は同じ。その間隔が熟達すると変わってくる。呼吸の回数が減っていき、とても長い時間で一呼吸となる。

いろいろな作法が、それぞれにあるのだが、要は呼吸を一息一息調えるだけのことだ。その際の環境やら時間やらの決め事は些細なことに過ぎない。ゆったりと深い息を繰り返すうちに、息をすることと一体になれば身体のリズムに合わせて、身体の内外で起きていることを観察できるようなる。それを味わいつつ終了すればよい。
スポンサーサイト

人生いろいろ:ブックカバー

† 文庫や新書を買うとブックカバーをつけますか?と尋ねられるだろう。日本では書店サービスでカバーをつけてくれる。そのカバーも書店ごとに工夫されており、ブックカバーの収集家も多く存在するらしい。

‡ エコライフということでブックカバーもその対象となっている。しかし本好きには、できるだけ良い状態で本を楽しみたいという欲求は強い。一番やりたいことは、図書館のように本格的に透明シート『ブックカバーフィルム』を張れる技術が欲しいね。ちなみに、ここらでは、ちくさ正文館書店のものが秀逸。目立つこともないが漢詩は趣がある。

chikusa_sho1998.jpg

シリーズ:生活習慣を見直す09 自然と一緒

20121001 143707

・森林浴などできたらいいのだが都会に住んでいると難しいだろう。緑と大地が剥き出しになっている空間は少なくなってしまった。お金持ちは別荘などで楽しめるかもしれないが、庶民は人工的な空間でもいいから落ち着く場所を確保したい。

人生いろいろ:モデル募集の勧誘トラブル

† モデルから女優や歌手へという夢を持つ女性は多いだろう。そこで業界風のスカウトに声をかけられて騙される人たちもいるだろう。成功する人は僅かばかりであるが、こうしたことで多額の金銭を必要とすることはあり得るだろう。簡単に仕事があるほど甘い世界ではないだろう。

‡ 愛知では、女子大生派遣モデルが殺害された事件判決があったばかりだ。


子どもサポート情報 第54号 平成24年8月21日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

   モデルの勧誘トラブル!写真撮影に10万円の請求!?    

◆事例
路上で「読者モデルをやってみないか?オーディションに合格して事務所に入
れば、仕事を紹介できる」と声をかけられ、オーディション用の写真を撮られ
た。翌日「合格」と言われ事務所へ行ったところ、「読者モデルやテレビCM
の仕事を紹介するにはプロフィール用の写真が必要。撮影には10万円ほどかか
る」と説明された。高額で払えないと言ったが「今日払ってもらう」とせかさ
れ、近くのコンビニでとりあえず2万円だけ引き出し、支払った。撮影は早いほ
うがよいとのことで翌日行ったが、高額な撮影料に見合わないお粗末なもので
不信感を持った。解約したい。(当事者:19歳 女性)

<ひとことアドバイス>
☆「モデルになりませんか?」と繁華街などで声をかけられ事務所に出向いた
  ら、そこで高額なプロフィール写真撮影料やレッスン料を請求されたという
 相談が寄せられています。
☆事例のようなケースの他に、実際に撮影料等を支払ってもその後仕事が来な
 い、また、解約したいと思っても返金に応じてもらえないなどといったトラ
 ブルもあります。
☆業者はモデルやタレントに憧れる気持ちに付け込んで甘い言葉をかけてきま
 すが、金銭の負担を求められる場合は要注意です。その場での契約は避け、
 家族に相談するなどして冷静に判断しましょう。
☆クーリング・オフ等ができる場合もあります。困ったときは、お住まいの自
 治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


神の風景-人間と世間-109

「罪の力の方が神よりずっと強力と考えざるを得ません。しかし、そのまま赦す無限の抱擁が、神です。そして抱擁においてのみ全能なのです」(藤木正三)1-129抱擁無限

・神の全能とは何でしょうか。自分自身の足りないところを補ってくださる力を与えてくださるのでしょうか。藤木師は、否と語ります。不信と罪にまみれる私たちを許す無限の抱擁が神の真骨頂です。裁く父なる神と抱擁する母なる神が信仰には不可欠です。

<盗難>神像17体 氏子「罰当たり」 岐阜・結神社

<盗難>神像17体 氏子「罰当たり」 岐阜・結神社
2012年10月14日 毎日新聞

 13日午前9時5分ごろ岐阜県安八(あんぱち)町西結(にしむすぶ)の「結(むすぶ)神社」の氏子総代の男性(74)から「本殿の鍵が壊され、神像(しんぞう)17体が、納めていた木箱ごと無くなっている」と110番があった。県警大垣署は窃盗事件として捜査している。

 同署や男性によると、神像17体はいずれも高さ約25センチの木造彫刻で、木箱(縦90センチ、横40センチ、高さ45センチ)に納められていた。700〜800年前の作とされ、作者は不明。1960年に同町文化財に指定された。約1年前に展示されたが、定期的な公開はしていないという。

 結神社は縁結びなどの御利益で親しまれているほか、織田信長が長篠の戦いで戦勝祈願したと伝えられる。男性は「代々大切にしてきた神像を盗むなんて罰当たりだ」と憤っている。【三上剛輝】


・記事によると披露されることの神像ということで写真も掲示されていない。写真も撮っていないのかもしれない。

パワースポットという言葉も書かれているので有名なところなのだろう。縁結びのご利益があるという。

毎日新聞にインタビューにある、「罰当たり」という言葉を久ぶりに聞いた気がする。確かに罰当たりが相応しいのかもしれない。


結神社 (ムスブジンジャ)
〒503-0111 岐阜県安八郡安八町西結584

創建年代 :嘉応年間(1169~1171)
料金 無料

 縁結びの神として知られ,「十六夜日記」にも登場し、照手姫の伝説として知られている。 浄瑠璃や歌舞伎にもなっている小栗判官と照手姫の恋物語にまつわる神社です。照手姫が小栗判官との再会をここで祈願し、のちに成就したと伝えられており、縁結びの神様として広く知られています。



安八の結神社で神像17体盗まれる 
2012年10月13日 中日新聞

 13日午前9時5分ごろ、岐阜県安八町西結の結(むすぶ)神社の神殿が荒らされ、神像17体がなくなっていることに氏子総代の大平好樹さん(74)が気付いた。鍵がバールのようなもので壊され、鏡や御幣なども神殿前に散乱していた。大垣署は窃盗事件として調べている。

 結神社は縁結びの神として知られる。17体の神像は作者不明だが7、800年前の作製とされ、1960年に安八町の文化財に指定されている。

 署などによると、神像はいずれも木製で高さは約25センチ。木箱(高さ45センチ、幅90センチ、奥行き35センチ)に入れられ、ご神体とともに神殿に納められていた。木箱ごとなくなっていた。

 神社に神職は常駐していない。署は7日夜に大平さんが神殿を施錠した後、13日朝までに何者かが侵入したとみている。



神像17体が盗難 安八、縁結びの結神社
2012年10月14日 岐阜新聞

 13日午前9時ごろ、縁結びの神社として知られる安八郡安八町西結の結神社で、神殿の中から町指定文化財の神像17体が盗まれているのを氏子総代が発見し110番した。大垣署は窃盗容疑事件とみて捜査している。ご神体は無事だった。

 大垣署と氏子総代代表の大平好樹さん(74)によると、盗まれたのはいずれも高さ約25センチで木製の立像や座像。作者や奉納者は不明で、制作年代もはっきりはしないが1200年前の作ともいわれる。17体が幅90センチ、奥行き40センチ、高さ45センチの木箱に納められていた。

 13日、神事の準備のため訪れた大平さんが神殿の扉が開いて装飾品が散乱しているのを発見、神像の箱だけが無くなっていた。神社は普段無人で、7日午後7時ごろ、地元の祭りを終えて施錠した時には異常はなかった。

 大垣署では、神殿の周囲を囲うトタン壁の下に隙間があることから、犯人はそこから侵入した可能性もあるとみている。神殿の鍵は取り付け部分ごと引きちぎられていた。

 大平さんは「ご神体が無事で何よりだが、代々守ってきた神像を失いショック。何も言わないから返してほしい」と肩を落とした。

 結神社は平安時代末期の創建。織田信長が長篠の戦いの際、戦勝祈願をしたとの言い伝えや、照手姫が愛する小栗判官との再会を願掛けしたという伝説が残る。縁結びのパワースポットとしても人気が高く、全国から参拝客が訪れる。

 盗まれた神像は町内の公共施設の企画展で公開されたことがあったが、普段は神殿の中にあり、氏子総代でも目にすることはほとんどなかったという。

<目耳録> 宗教者と平和

<目耳録> 宗教者と平和 
2012/10/27 中日新聞 夕刊

 京都宗教者平和協議会副理事長で、キリスト教元牧師の大江真道さん(81)を取材する機会があった。協議会は半世紀前に各宗教、宗派の人たちが「平和」の一点で一致して結成。戦争、死刑、核実験、原発とさまざまな社会・政治問題に意見を発信し続ける。

 「ここを読んでください」。大江さんが開いた聖書には「平和を実現する者は幸い」の言葉があった。「仏教など各宗教にも平和の教えがあるんです」という。

 宗教は権力に利用された歴史があり、一方で弾圧の中、命懸けで平和を訴えた宗教者もいた。だからこそ宗教のあるべき姿を追い求め続ける。

 京都の街の各所で見かける寺社、教会。運動に関わっているのはまだ少数というが、参加者には観光地として知られる寺の要職者もいる。個人的には冠婚葬祭でしか接点がなかった宗教だが、奥深く感じてきた。 (植木幹雄)


・宗教そのものが権力であり、平和よりは争いを好む時代があった。

戦前・戦中に国家管理のために、多くの団体が翼賛的な性質を期待されて統合されていき、宗教合同という形で再編されたのが近年の我が国の歴史である。それは宗教だけでなく、あらゆる業種で行われており強制的な力で統合されたことは間違いない。

それが戦争というものであり、国家を統一的に管理し資材・人材を総動員することで勝利するという目的を遂げることにある。

宗教者の社会・政治問題に対するスタンスであるが、それが宗教団体の発するものであるのか、宗教者個人の思いなのかで大きく見方が違うだろう。

平和・愛を説かない世界宗教があるだろうか。それなのに誰も軍備や自衛権を放棄しろということは言わない。平和・愛とはスローガンではなく生き方そのもの。それは社会制度の改革では恐らく達成できないもの。人間が新たに目覚めることが必要だろうが、それができないところに宗教の意味があるのだろう。

平和とは、自分自身の内心の平安のことを指すのだろうと考える。

マザー・テレサのプレゼン分析

20121010 170932

・マザー・テレサの魅力を分析したものであるが、明快で参考になる。

彼女のことばは、短く、しかも分かりやすい。神学では説教学というものがあるが、彼女はそうしたものとは無縁だろう。毎週、どの教会でも説教が行われているはずだろうが、どれだけ聴く者のこころに響き届いているのだろうか。

教会の説教では、聖書を引用して現実に当てはめていくことが主流となる。ただ引用の仕方次第で、いかようにも解釈できてしまうこと、解釈の仕方でいかようにも説明できてしまうことになり「神学論争」と言われれる所以である。

マザーの話は、イエスの御心に従いながらも祈りを中心にして、難しく解釈されがちな教えを生活に当てはめて生きることを優しく語る。教会の説教者たちとは対極の姿であろう。

詩人:まど・みちおさん103歳に 童謡「ぞうさん」作者

詩人:まど・みちおさん103歳に 童謡「ぞうさん」作者
2012年11月16日 毎日新聞

 童謡「ぞうさん」や「一ねんせいになったら」の作詞で知られる詩人まど・みちおさんが16日、103歳の誕生日を迎えた。やさしい言葉を使って奥深い内容の詩を数多く作り出してきたまどさん。現在は創作活動を休止しているが、「気づくことがあったら、看護師さんに話して書いてもらっています」と今もことばに対する思いは強い。

 「こんなに長生きするとは思いませんでした」。親族約30人による誕生日会から一夜明けた10日。まどさんは東京スカイツリーを遠望できる丘の上の喫茶室でしみじみと語った。

 まどさんは現在、川崎市の自宅に近い東京都稲城市の病院で療養を続けている。身体機能が衰えて車椅子の生活だが、健康状態は良好という。

 長生きの秘訣(ひけつ)を尋ねると「いろんなことにこだわらないで、負けて『ちくしょー』と思っても、忘れてしまうことです。そのおかげで今日まで生きたんじゃないかと思います。ばかか利口かと言えば、ばかだったんですね」

 日々の生活で楽しみにしているのは、身の回りの不思議を見つけることだという。

 まどさんは100歳を挟んで円やハート形などをさまざまに組み合わせた1000枚以上の抽象画を描いた。それらをまとめて画集も出したが、昨年ごろから手に力が入れづらくなり、創作活動は休止状態になった。

 「何にも書けないけれど、何か気がつくことがあったら、それを日記帳にちょっと書こうと思っています。しかし字がよく書けませんから、看護師さんに話して書いてもらうことをやっております」と話し、にこやかに笑った。著作は100歳を過ぎてからも20点を超えている。まどさんは「当たり前はつまらない」といい、日々、新しい発見を目指している。【内田久光】

 【略歴】まど・みちお
 本名・石田道雄。1909(明治42)年、山口県徳山町(現・周南市)生まれ。10代から詩を作り、20代で北原白秋に認められる。戦後、幼児雑誌の編集をしながら「ぞうさん」(団伊玖磨作曲)などの童謡を作詞。50代から詩作を中心とし「てんぷらぴりぴり」など多くの詩集を発表した。皇后さまが詩集を英訳した絵本「どうぶつたち」などが海外に紹介され、94年には「児童文学のノーベル賞」とも言われる国際アンデルセン賞作家賞を日本人で初めて受賞した。



・たまたま詩集を購入したこと、100歳の時に出演したNHK番組が印象にあって目にとめた記事。

また医師・日野原 重明さんは生誕1911年10月4日(101歳)である。どちらも高齢になっても意欲的な活動をされていることで世間の注目を浴びた。


追記

「ぞうさん」作詞、詩人まど・みちおさん死去
2014年2月28日 読売新聞

 童謡「ぞうさん」「やぎさん ゆうびん」などで知られる詩人のまど・みちおさん(本名・石田道雄=いしだ・みちお)が28日午前9時9分、老衰のため死去した。104歳だった。

 告別式は近親者のみで行う予定。喪主は長男、京氏。

 山口県生まれ。9歳の時に台湾に転居し、台北工業学校土木科を卒業。台湾総督府道路港湾課に勤務していた1934年、絵本雑誌「コドモノクニ」に投稿した童謡2編が北原白秋の選で特選になり、本格的に詩と童謡の創作を始めた。

 戦後は、詩人の与田準一さんの呼びかけで、「コドモノクニ」から誌名変更した幼児雑誌「チャイルドブック」の創刊にかかわった。

 「ぞうさん」を書いたのは、国民図書刊行会(現チャイルド本社)で働いていた51年、41歳の時。音感教育家の酒田冨治さんから「幼児向けの童謡を書いてほしい」と頼まれ、一晩で書き上げた。

 團伊玖磨が作曲し、翌52年にNHKで初放送され、全国に広まった。ほかに「一ねんせいに なったら」「ふしぎな ポケット」なども作詞した。


シリーズ:生活習慣を見直す08 ユーモアのすすめ

20121001 143703

・笑いヨガというものが昔からある。デーケン教授がよく引用する言葉に、面白いから笑うのではなく、笑うから面白くなるというものがあった。何でも笑い飛ばすような余裕が人間の心には必要であり、エスプリの効いたものでなくオヤジギャグでも十分だろう。笑いのある人間関係がいいね。ゲラゲラと笑う必要もない、クスって笑おう!

介護主夫日記:芸能人の老親介護、持病療養

† まったく忘れかけていた芸能人が再びマスコミに出てくることがあり、中にはそのことで復帰しコメンテーターとなってしまうこともある。多いのが認知症の親を介護する孝行もの、ガン闘病告白し最後の力を振り絞って芸に邁進するもの・・・それに類して、国民の代表のような顔をして脚光を浴びたい人もいる。

‡ ただ長年介護をしている立場として、また個人的にも持病を生きているものとしてはキレイごとには興味が持てない。楽しく介護・療養とか言っている人たちには、専門の立場としても嘘くさく感じる。問題は何よりも介護・療養の時間が大幅に伸びてしまったことだ。正直、顔色は悪くなるし将来はないし犠牲が大きすぎる。以下の芸能人のようなグチャグチャだけど何とかやっていますというのが実相に近い。また女性タレント清水某さんのように、介護と貧困との連鎖も絡んで自死することにもなる。まともな介護・医療をするには、金持ちであるか自己犠牲の選択しかないのが現代日本だろう。


元祖美人芸人・春やすこ 両親自宅介護の実態を明らかにする
2012.11.18 NEWSポストセブン ※女性セブン2012年11月29日・12月6日号

 美人女芸人の先駆け的存在だった春やすこ(51才)。NHKの朝ドラ『カーネーション』に出演するなど、女優としても活動中だが、プライベートでは76才の母と80才の父の自宅介護と向き合い日々を送っていた。これまで決して語ることのなかった両親介護の実態とみずからの胸の内、その全てを明かしてくれた──。

「父はもう全然動けなくなって、お風呂もトイレも自力ではできません。今は肺炎で入院中ですが、こんなこと言うと、父には悪いんですけど、病院にいてくれてる時のほうが私は楽なんですよ」(春やすこ、以下「」内同)

 春の父は18年前に胃に腫瘍ができて以来、多くの病に悩まされていた。脳出血、腹部大動脈瘤、急性心筋梗塞、肺炎、胆石症…。

 春は現在の自宅に引っ越す前は、実家からほど近いマンションで暮らしていたため、何かあるとすぐに電話で呼び出されていた。そして9年前、現在暮らしている3階建ての一戸建てを建てる際、両親と同居することを決めた。

「父は脳梗塞の後遺症で、10年以上も前から右半身が不自由で、母も肺が悪くて酸素のタンクを持ち運んで生活をしていました。だから、息子が『おじいちゃん、おばあちゃんが心配やから一緒に住んだら』と言うてくれたんです。

 主人も何の抵抗もなく『そうやな!』と賛成してくれました。普通、家建てるっていうたら、主人は長男やし、自分のとこの両親と一緒に、ってなるのに。今から考えても、主人がそう言ってくれてずいぶん助けられましたね」3階建ての自宅は1階が両親の部屋、2階がリビングキッチン、3階がやすこ夫妻と子供たちの部屋となっている。

 両親と同居を決めた際に、夫には「両親の面倒は自分が見るから」と春は約束していた。しかし、同居から7年。予想もしなかった事態が起きる。

「2年前、父が階段から落ちてしまったんです。それまでは左半分の力で、歩くことができたので大体のことは自分でやっていたんですが…。そこからはもう全然動けなくなって、トイレにも行けなくなり、おむつになってしまったんです。父は最近、少し痩せましたが、それでも174cm・70kgもあってすごく重いんですよ。ベッドから起こしたり、車椅子に乗せたり、それだけで私も腰を痛めてしまいました…。

 でも、私は自分の親やから、主人に何かしてもらおうとは思ってませんでした。一生懸命に仕事を頑張ってくれて、生活を不自由なく支えてくれているからこそ、介護ができるので。でも、主人は帰ってきたら、必ず両親たちの部屋を覗いて『元気かぁ』って声をかけてくれます。それだけでも本当にありがたい。

 息子は車椅子に乗せてくれたり、娘は両親の部屋に行って、長い間話し相手になってくれたり。私にはできない“介護”をしてくれます。ただ、やっぱり下の世話は自分がやりますね。子供たちには気持ちがあるんですけど、たとえば、将来、『介護士になりたい』とかいうんだったら別ですが、これから伸びていく若い子に、年寄りのお尻のことはさせたないなというのが私にはあって…」

 父の介護に懸命な日々を送っていたが、さらに大きな問題が起きてしまった。今年5月、母が自転車で転倒し、大腿骨を骨折してしまったのだ。

「入院して大腿骨に人工関節を入れる手術をしなくちゃいけなくなって…。手術は無事成功したんですが、今度は、腎臓が悪くなって人工透析が始まったんです。退院してからは、何とか自分の部屋からトイレまでは歩いて行けますが、それが精一杯。これまで父の介護は母も手伝ってくれてたんですが、今は私が2人を看てるんです」

 施設に預けることはもちろん考えた。しかし、両親も嫌がったし、何より費用の折り合いもつかなかった。「自宅での介護は、父と母の年金をあわせて月15万円でやりくりしてるんです。施設やと、たとえば1人月18万円もかかる。とても無理なんです」



介護に忙しい芸人・春やすこ 友と酒を飲み気を抜く必要性実感
2012.11.25 NEWSポストセブン ※女性セブン2012年11月29日・12月6日号

 漫才コンビ「春やすこ・けいこ」として、上方漫才大賞新人賞など数々の賞を受賞し、漫才ブーム時代には、セミヌードで抜群のプロポーションを披露するなど、美人女芸人の先駆けだったタレント・春やすこ(51才)。

 現在芸人としてだけでなく女優としても活動。さらに、働きながら子育てをする女性の生き方についての講演会も多数行っている。しかしその一方で彼女は、両親の自宅介護と向き合う日々を送っていた。母(76才)は自分で歩けるものの要介護認定3。父(80才)は2年前から、完全寝たきりの要介護認定5だ。

 その彼女が今回、語ることのなかった両親介護の実態を語ってくれた。

 毎朝6時に起床するという春の一日は、父のおむつ替えから始まる。それが終わると家族全員の食事作り。寝たままだと誤嚥のおそれがあるため、まずは父をベッドから車椅子に移さなければならない。

 朝食後は両親の着替えを手伝い、再びベッドへ移す。その後も片付けに洗濯、そして休むことなく、11時半には昼食作りが始まる。

「夕方5時頃には夕食の準備をしなくてはいけません。でも、その間も、3時間おきにおむつ替えをしなくてはならない。うんちの後はおしりをきれいにふくから刺激されちゃうのか、替えた後にまたすぐにうんちしちゃうこともあります。

 本当に休む間もありませんよ。でも、真面目にやろうと思ったら、夜中もおむつ替えをしなきゃいけません。でも、そこまでしてしまったら、こっちがくたびれるので、もう絶対夜の12時までって決めたら、それ以降は朝6時に起きるまで替えない。逆にいえば、夜12時から朝6時までが、私の時間なんですわ」(春・以下同)

 春が両親の介護をするうえで何より大事にしていることが、「真面目に介護をしようとしないこと」。しかしこんなふうに考えられるようになったのは、最近のことだという。

「今年の8月の終わりぐらいですかね、父を抱えて車椅子に乗せる時に腰を痛めたんですよ。痛すぎて動けないし、食欲もなくなるし、10日ぐらいで3㎏も落ちました。そしたらその後はストレスで、ドカ食いするようになって、ブクブク肥えてきて…。それに気づいた周りの友人たちが、私が出られる時間に外に連れ出して、一緒にお酒を飲んでくれたんです。そこで初めて、介護から離れて気を抜くことも必要なんだと気が付いたんです」


神の風景-人間と世間-108

「事勿れ主義、決して悪くありません。平和の前に屈することを知らぬ正しさなど、虚偽の正しさです」(藤木正三)2-128事勿れ主義

・意見の対立があると、馴れ合いではいけない、傷つき合ってでも、徹底的に主張し合うべきだとされます。しかし…激しい議論をしてしこりを残さないということはあるでしょうかと藤木師は続けます。論理的に筋は通っていても納得できないということがあります。それは、こころのしこりなのかもしれません。そのことを克服するには人間が分かっていないとできないという困難さが伴います。事勿(ことなか)れ主義よし。

対馬の神社から国重文の仏像盗まれる

対馬の神社から国重文の仏像盗まれる
2012年10月9日 西日本新聞

 8日午後0時50分ごろ、長崎県対馬市峰町の海神神社(平山静喜宮司)から国の重要文化財「銅造如来立像(どうぞうにょらいりゅうぞう)」がなくなっていることに神社関係者が気付き、110番した。長崎県警対馬北署が窃盗容疑で調べている。

 署によると、「銅造如来立像」は神社の敷地内にある峰町ふるさと宝物館に安置されており、宝物館入り口の鍵が壊されていた。ほかに盗まれたものはないという。

 「銅造如来立像」は朝鮮半島の統一新羅時代の仏像で8世紀の作品。高さ38・2センチ。1974年に国の重要文化財に指定された。



・TBSの報道では時価2億円と報道されているが、保管は南京錠が2か所だけで警備状況は厳しくないようだ。

画像にあるように、それほど大きいものではない。どのような点に価値があるのか見た目では分からない。記事にあるように過去の盗難の教訓から新たに宝物館を建てて保管してきたというから残念なことだ。


対馬で重要文化財の仏像盗難か
2012年10月9日 NHK

長崎県対馬市の神社で、国の重要文化財に指定されている8世紀につくられたとされる仏像がなくなり、警察は盗まれたものとみて調べています。なくなったのは、長崎県対馬市峰町の海神神社が所蔵し、国の重要文化財に指定されている「銅造如来立像」です。

8日午後0時20分ごろ、神社の宝物館に設置されたショーケースが倒され、中にあった「銅造如来立像」がなくなっていることに神社の関係者が気づき、警察に通報しました。

20121009 18

警察が調べたところ、宝物館の出入り口にある二重の扉の南京錠がいずれも壊されていて、警察は、この仏像が最後に確認された6日午後3時ごろから8日までの間に盗まれたものとみて調べています。「銅造如来立像」は、高さおよそ38センチで、8世紀に朝鮮半島の新羅でつくられたとされています。

20121009 180

警察によりますと、平成7年にも神社から盗まれたことがあり、その後、無事に返還されていました。海神神社の島居利和副総務は「鍵が壊されて仏像がなくなっていることに気づいた時は驚きました。大切な仏像なので、何とか見つかってほしい」と話しています。



時価2億円? 重要文化財の仏像盗まれる
2012年10月9日 TBS

 長崎県対馬市で8日、神社や寺の鍵が壊され、国の重要文化財の仏像など2体が相次いで盗まれていたことが分かりました。

20121009 1815

 盗まれた国指定の重要文化財、銅造如来立像は朝鮮半島で8世紀につくられたもので、時価およそ2億円とも言われていて、盗まれたのは17年前に続き、2度目です。

 対馬市の別の寺では、もう1体、仏像がなくなっていて、警察では連続窃盗事件の疑いもあるとみて捜査しています。



17年前にも…神社の重文仏像、また盗まれる
2012年10月8日 読売新聞

 長崎県対馬市峰町の海神(かいじん)神社にある国指定重要文化財「銅造如来立像」(高さ約38センチ)が盗まれたことが8日、わかった。

 県警対馬北署が窃盗事件として調べている。

 同署によると、8日正午過ぎ、神社境内にある「峰町ふるさと宝物館」の入り口の鍵が壊され、ガラスケース内から盗まれているのに神社の関係者が気づき、110番した。6日午後にはケース内に保管されていたという。

 この仏像は1995年にも盗まれたが、転売される前に容疑者が逮捕されて戻ってきた。その後、神社では管理体制強化のため、同宝物館を建てたという。

 仏像は、8世紀に朝鮮半島で作られて伝来したとされ、74年に国の重要文化財に指定された。神社の平山静喜宮司(54)は「どうにか返ってきてほしい」と話している。



追記

対馬で仏像盗んだ疑い=韓国で窃盗団摘発
2013/01/29 時事通信社

 韓国の大田地方警察庁は29日、長崎県対馬市の寺社から仏像や仏教経典を盗み、売りさばくために韓国に運び込んだとして、韓国人窃盗団を摘発し、主犯格の男(69)ら5人を立件、残り3人の行方を追っていると発表した。盗まれた仏像2点は確保したが、経典の行方は不明という。

0130129at40_p.jpg

 窃盗団は2012年10月6日深夜、対馬市の海神神社から国指定重要文化財「銅造如来立像」を、別の寺社から、それぞれ県指定文化財の仏教経典「大蔵経」の一部と、「観世音菩薩坐像」を盗んだ。銅像2体を旅行かばんに入れ、福岡からのフェリーで釜山まで運んだ上、韓国内で売ろうとした疑い。

view0013968026.jpg

 銅造如来立像は高さ約38センチ。盗まれた仏像や経典はいずれも朝鮮半島から伝来したとみられる。聯合ニュースによると、釜山税関は仏像を「偽物」と誤って鑑定し、そのまま通関させたという。【ソウル時事】



<韓国>日本へ返還「慎重に」…対馬で盗難の仏像巡り仏教界
2013年2月4日 毎日新聞社

 昨年10月に長崎県対馬市で盗まれた仏像が韓国で見つかった事件で、韓国の仏教界を中心に「日本への返還は慎重に」との声が上がっている。仏像は朝鮮半島由来とされ、日本に渡った経緯を疑っているためだ。韓国文化財庁は盗難品と最終確認されれば法に従い日本側へ引き渡す方針だが、韓国仏教で最大勢力を誇る曹渓宗は1月31日、韓国政府に対馬市の寺社が入手した経緯などの徹底究明を求める論評を発表した。

 盗難文化財をめぐっては、1994年に長崎県壱岐市の安国寺から国指定重要文化財「高麗版大般若経」が盗まれ、翌年、酷似した経典を韓国政府が国宝指定したケースがある。日本政府は98年、これに気づき外交ルートを通じ「確認させてほしい」と要請したが、協力を得られず事件は時効を迎えた。

 今回の問題の仏像は、対馬市の寺社から盗まれた2体のうちの1体で、観音寺(かんのんじ)の長崎県指定文化財「観世音菩薩坐像(かんぜおんぼさつざぞう)」。像内にあった文書に高麗時代の1330年を示す年号や「高麗国瑞州浮石寺(プソクサ)」などと記されていた。曹渓宗の論評は「返還の可否については徹底した調査が必要だ」としている。

 一方、1月31日付朝鮮日報は、当時、活発に活動していた「倭寇(わこう)」による略奪説や「当時は日本に仏像を販売・寄贈するなどの交流が盛んで、証拠もなく戦利品とは言えない」といった学者の見方を伝えた。

 事件は昨年10月、対馬市の寺社から「観世音菩薩坐像」や国指定重要文化財「銅造如来立像(どうぞうにょらいりゅうぞう)」などが盗まれ、韓国警察は1月29日、韓国人窃盗グループを摘発、1人を身柄拘束し仏像2体を確保したと発表した。【ソウル西脇真一】



韓国 盗難仏像“返還できない”仮処分
2013年2月27日 NHK

長崎県の寺から盗まれ、韓国で見つかった仏像について、韓国の裁判所は、もともと所蔵していたと主張する韓国の寺の信者らの請求を認めて、仏像が日本に渡った経緯が明らかになるまで、日本側に返還できないとする仮処分の決定を出しました。

長崎県対馬市で、去年10月、朝鮮半島から伝来したとされる文化財が、神社や寺から相次いで盗まれた事件で、韓国の警察は、先月、韓国人の窃盗団を検挙して仏像2体を回収しました。

この仏像2体について韓国政府は、本物と確認されれば国際法に基づいて日本側に返還するとしていました。

しかし、中部テジョンの地方裁判所は26日、2体のうち観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」について、もともと所蔵していたと主張する韓国の寺の信者らの請求を認めて、仏像が観音寺に渡った経緯が明らかになるまで、韓国政府は日本側に返還できないとする仮処分の決定を出しました。

この結果、韓国政府は、「観世音菩薩坐像」を日本側に返還するためには、観音寺が韓国の寺から正当に取得したことを証明しなければならず、今後、難しい対応を迫られることになり、返還に時間がかかる可能性が出ています。



20130227

盗難仏像 韓国に返還を要請へ
2013年2月27日 NHK

菅官房長官は、午後の記者会見で、韓国の裁判所が、長崎県の寺から盗まれ韓国で見つかった仏像を、日本側に返還できないとする仮処分の決定を出したことについて、外交ルートを通じて、速やかに返還するよう求めていく考えを示しました。

長崎県の寺から盗まれ、韓国で見つかった仏像について、韓国の裁判所は、もともと所蔵していたと主張する韓国の寺の信者らの請求を認めて、仏像が日本に渡った経緯が明らかになるまで日本側に返還できないとする仮処分の決定を出しました。

これについて、菅官房長官は午後の記者会見で、「詳細について現在確認中だが、日本政府としては、外交ルートを通じて、国際法の文化財返還要請に基づいて、速やかに返還を求めていきたい」と述べ、外交ルートを通じて速やかに返還するよう求めていく考えを示しました。



仏像問題 韓国住職が長崎訪問へ
2013年3月11日 NHK

長崎県の寺から盗まれ韓国で見つかった仏像について、もともと仏像を所有していたと主張する韓国の寺の住職が、NHKの取材に対して、今月14日に長崎県を訪れ、仏像が盗まれた寺の関係者と面会することを明らかにしました。

この問題は、長崎県対馬市の寺などから盗まれ、ことし1月に韓国で見つかった仏像2体のうち、「観世音菩薩坐像」について、韓国中部にあるプソク寺がもともと所有していたのは自分たちだと主張しているものです。

プソク寺では11日、地域の住民およそ80人が集会を開き、「仏像は14世紀に日本に略奪されたと記した文献がある」などとして、日本側に返還しないよう求める署名活動を拡大させることを決めました。

こうしたなか、プソク寺のウォヌ住職はNHKの取材に対して、今月14日から対馬市を訪れ、仏像が盗まれた観音寺の関係者に面会することを明らかにしました。ウォヌ住職は問題の解決に向けて、寺どうしで何ができるか話し合いたいとしています。

この問題を巡っては、韓国の裁判所が仏像が日本に渡った経緯が明らかになるまでは日本に返還できないとする仮処分を出し、仏像を保管している韓国政府は、日本政府の要請を受けて、国際条約などに基づいて日本に返還すべきかどうか検討しています。



韓国住職ら対馬訪問へ=日本側は面会拒否―盗難仏像問題
2013年3月12日 時事通信社

 長崎県対馬の観音寺から盗まれ、韓国に運び込まれた仏像「観世音菩薩坐像」の返還問題で、かつて仏像を所蔵していたと主張する韓国の寺の住職は12日、対馬を14日に訪れることを明らかにした。観音寺の関係者らと面会し、解決の糸口を探るという。

 訪日するのは忠清南道瑞山にある浮石寺の円牛住職や市民団体メンバーら6人。円牛住職は「(観音寺側に)慰労の手紙を渡し、浮石寺を象徴する人形と(盗まれたものとは別の)仏像を渡したい」と話している。

 これに対し、観音寺の前住職田中節孝さんは、「盗品なのだから、まずは返してほしい。代わりの仏像というような提案は、到底受け入れられない話だ。面会には応じない」と憤慨している。

 この仏像をめぐっては、韓国の大田地裁が2月、観音寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで日本側に返還できないとする仮処分を出した。日本政府は外交ルートを通じて返還を要求、韓国政府が対応を検討している。 【ソウル時事】



<論説委員のワールド観望> 仏像、日本に戻れない 
2013/3/12 中日新聞夕刊

 長崎県対馬市の寺から盗まれ韓国で押収された「観世音菩薩(ぼさつ)坐像」について、韓国の大田地裁は日本への返還を差し止める仮処分決定をした。韓国のある寺がこの仏像は十四世紀に同寺で鋳造された記録があると主張したため。長崎県指定の有形文化財である観音像をめぐり、日韓の外交問題になる恐れが出てきた。

◆仏教弾圧が背景に

 盗みなど不法な手段で国外に持ち出された文化財は返還を要求できると、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が定めた条約に明記されている。だが、地裁は「日本の寺に伝わった由来の証明が必要」という。数百年前の出来事であり、無理難題である。

 実は日本には韓国の高麗時代(九三六~一三九二年)の美術品がかなりある。

 韓国側は倭寇(わこう)の襲撃や豊臣秀吉軍の侵略によって奪われたと主張する。だが、永島広紀佐賀大准教授によると、高麗の後に統治した朝鮮王朝は儒教を国の教えとし仏教を排斥した。弾圧の過程で多くの仏像や仏画が失われたが、その一部は仏教が盛んだった日本に渡ったのだろうという。

 韓国は最近、時代劇ブームで、永島准教授は「高麗も朝鮮王朝も文化国家として栄えていたという思いが国民に広がっている。当時の美術品が日本にあるなら返還を求めるべきだという主張は強い」と分析する。盗品の仏像は「国際法に従い日本の所有者に返すべきだが、韓国側が超法規的措置をとる恐れもある」と懸念する。

◆一時里帰りの展示も

 ソウルにある韓国国立中央博物館で二〇一〇年秋に、高麗仏画の展覧会が開かれた。外国から七割近くを借りたという。韓国紙「朝鮮日報」によれば、同博物館の学芸員が日本各地の寺を訪ねて所蔵の仏画を調査しながら、展覧会の意義を説明して貸し出しの承諾を受けた。

 高麗仏画は起源が韓国にあったとしても、日本の寺で長い間、宝物として大切に保存されてきたものだ。韓国で内容のある展示会ができるのなら、一時「里帰り」する方法があるという実例である。

 文化財保存と返還をめぐる論争は、欧米と中東など世界中にある。日本は三十五年間、韓国を植民地支配したが、この間、発掘や美術品の収集を通じて文化財が日本に渡った。多くは民間人同士の売買や譲渡だったとみられ、日本側によって文化財が博物館などに保存され由来や価値がわかった事例は数多いが、韓国側からみれば「本をただせば自分たちの物」ということになる。

◆文化財論議高まる

 一九六五年の日韓国交正常化とともに文化財に関する協定が結ばれ、日本から一定の文化財が引き渡されたが、韓国文化財庁の調査だと日本に流出した総数は六万点余という。韓国側が今後、重要とみなす文化財の返還についての議論を呼び掛ける可能性が高い。(山本勇二)



韓国の寺関係者 窃盗仏像の返還に触れず
2013年3月14日 NHK

長崎県対馬市の寺から盗まれ韓国で見つかった仏像について、もともと仏像を所有していたと主張する韓国の寺の関係者が対馬市で記者会見し「国際条約に基づき円満に解決したい」と述べましたが、仏像の返還について具体的な言及は避けました。

長崎県対馬市では、去年10月、国の重要文化財の仏像など3件の文化財が相次いで盗まれ、韓国の警察は、ことし1月、韓国人の窃盗団を検挙し仏像2体を回収しました。

このうち、長崎県の文化財に指定されている観世音菩薩坐像について、韓国にあるプソク寺が「もともと所有していたのは自分たちだ」と主張していて、14日、寺の関係者らが対馬市を訪れました。

一行は、仏像を所蔵していた対馬市の観音寺を訪れましたが、関係者とは面会できず、入り口で手を合わせてお経を読み、その場をあとにしました。

韓国の寺の関係者らは、このあと記者会見し「寺の住職に会うことができなかったのは残念だ。国際条約に基づき円満に解決したい」と述べましたが、仏像の返還について具体的な言及は避けました。
また、観音寺に対し、韓国の作家が制作したブロンズ製の仏像と、プソク寺にゆかりのある女性をかたどったマスコットの人形を記念に渡す考えだったと説明しました。

観音寺の元住職の田中節孝さんは「地域で長年育んできたものを今になって返せと言う発想自体が信じられない。韓国の寺の関係者と会うつもりは全くない」と話しています。

この問題を巡っては、韓国の裁判所が「仏像が日本に渡った経緯が明らかになるまでは返還できない」とする仮処分を出し、仏像を保管している韓国政府は、日本政府の要請を受けて、国際条約などに基づいて返還すべきかどうか検討しています。

対馬市と観音寺によりますと、「観世音菩薩坐像」は、仏像の中に収められていた文書の記録などから、14世紀に朝鮮半島の高麗で造られ、500年余り前に寺に伝わったとされています。

対馬と朝鮮半島の間では、古くから貿易などの交流が盛んに行われ、対馬市は「観音寺の仏像も、仏教の普及や仏教工芸品の隆盛に伴ってもたらされたと考えられる」としています。



盗んだ仏像「自分たちのもの」と言い張る、韓国の宗教事情
2013.3.16 産経ニュース[産経抄]

 システィーナ礼拝堂の煙突から白い煙があがり、南米から初の法王が誕生したカトリック教会は久々の慶事に沸いている。新法王の誕生を今か今かと広場で待ちわびていた信者たちが、歓喜の叫びをあげる姿は、信仰心薄き身にとっても感動的だった。

 ▼世界の3大宗教といわれるキリスト教、仏教、イスラム教はそれぞれ特色があるが、かなり似通った点もある。殺人や姦淫(かんいん)、盗みはモーゼの十戒でも仏教でもイスラムの戒律でも固く禁じられている。

 ▼人類が守らねばならない倫理は皆同じ、といいたいところだが、なぜかそんな共通項もどこ吹く風、3大宗教がとんでもない形で伝播(でんぱ)してしまう国がある。もちろん、お隣の韓国である。

 ▼かの国では自らを「再臨したイエス・キリスト」と言い張る教祖が数十人もおり、キリスト教正統派から異端扱いされている信者は200万人とも300万人ともいわれる。中には教祖自ら姦淫にふけり、ガラクタを法外な値段をつけて売りつけている教団もある。

 ▼仏教はまだましだろう、と思っていたら対馬にやってきた韓国・浮石寺の僧服姿の男たちをみてわが甘さを思い知らされた。対馬から盗まれた「観世音菩薩坐像」を「自分たちのものだ」と言い張って韓国人による盗みを正当化し、仏像と称する夜店のオモチャのような代物を置いていこうとした。

 ▼彼らは仏教の十戒のひとつである不偸盗(ふちゅうとう)(盗んではならぬ)も知らぬのだろう。李氏朝鮮時代に仏教が弾圧され、辛うじて難を逃れた仏像が対馬の人々に大事にされてきた歴史も知らない。無知蒙昧(もうまい)な人々ではあるが、このままでは、対馬さえ盗まれかねない。正しい歴史認識を彼らにいつ教えるのか。今でしょう。



韓国、仏像窃盗で2〜6年求刑 対馬から持ち込み
2013年6月5日 共同通信社

 長崎県対馬市の寺や神社から仏像2体を盗んで韓国に持ち込んだとして、文化財保護法違反罪などに問われた韓国人窃盗団7人の公判が5日、韓国中部の大田地裁であり、検察側は主犯格とされる60代の兄弟にそれぞれ懲役5年など、懲役2~6年を求刑した。判決は6月28日。兄弟のうち、兄の金グァンイ被告の弁護側は「盗んだものとは知らなかった」などとし、弟の金ジェガン被告は罪を認め寛大な判決を求めた。【大田共同】



主犯格に懲役4年=対馬の仏像窃盗で判決―韓国
2013年6月28日 時事通信社

 長崎県対馬市の寺社から仏像2体が盗まれ、韓国に持ち込まれた事件で、文化財保護法違反などの罪に問われた7人に対する判決が28日、韓国中部の大田地裁であり、主犯格の男に懲役4年、2人に懲役3年の実刑が言い渡された。運搬役の3人は執行猶予付きの有罪、1人は無罪だった。

 一団は昨年10月、対馬市の寺社から国指定重要文化財の「銅造如来立像」と県指定文化財の「観世音菩薩坐像」を盗み、売りさばくために韓国に持ち込んだ。

 「観世音菩薩坐像」をめぐっては、かつて所蔵していたと主張する韓国の寺が引き渡しを要求。大田地裁は2月、日本側への返還を差し止める仮処分を決定し、両国の外交問題に発展している。【ソウル時事】 



盗難の仏像、当然日本に返還すべき…韓国文化相
2013年9月28日 読売新聞

 下村文部科学相は27日訪韓し、光州で韓国の 劉震龍(ユジンリョン)文化体育観光相と会談した。

 会談後、下村氏は記者団に対し、長崎県対馬市の寺社で昨年、韓国人窃盗団に盗まれた仏像2体について、劉氏が「当然、日本に返還すべきだ。韓国政府としてきちんと対応したい」と述べたことを明らかにした。下村氏が返還を求めたのに応じたといい、韓国政府高官による、返還に前向きな発言は初めて。

 これらの仏像は今年1月に韓国で見つかったが、本来の所有者だと主張する韓国の寺が「14世紀に日本に略奪された」と主張。韓国の裁判所が2月、日本への返還を当面差し止める仮処分を決定した。

 韓国政府はこれまで、同決定や、窃盗団の刑事裁判が進行中であることなどを理由に「どのように解決すべきか、内部検討している」と述べるにとどめていた。【光州(韓国南西部)=中川孝之】



関連追加 あらたな事件

対馬で仏像盗んだ韓国人逮捕…船乗り場で発見
2014年11月25日 読売新聞

 長崎県警対馬南署は24日、対馬市美津島町の寺から市指定文化財の仏像1体(高さ10・6センチ)を盗んだとして、韓国人の男4人を窃盗容疑などで逮捕した。

 発表によると、4人は同日午前10時~午後1時50分、寺の倉庫に侵入して仏像を盗み出した疑い。寺から通報を受けた署員が同日午後、韓国・釜山行きの船が出る港の船乗り場で、不審な韓国人に職務質問。持っていた紙袋の中から盗まれた仏像を発見した。

 4人は47~70歳で、職業は住職や会社員、警備員、農業と説明。2人は容疑を認め、残りは否認しているという。

 対馬市では2012年、国指定重要文化財の仏像などが寺社から盗まれる事件が発生。その後、韓国の警察が韓国人窃盗団の男ら数人を逮捕し、有罪が確定した。盗まれた仏像は現在も、日本へ返還されていない。



201411251.jpg

201411252.jpg

201411254.jpg

201411253.jpg

対馬で韓国人が仏像窃盗容疑 男4人逮捕
2014/11/25 共同通信社

 長崎県警対馬南署は24日、同県対馬市の寺から仏像を盗んだとして、窃盗の疑いで韓国人の男4人を逮捕した。うち2人は容疑を否認しているという。

 対馬南署によると、逮捕されたのは住職の金相鎬(70)、農業の金溶晃(54)、警備員の安承チョル(53)、会社員の李哲佑(47)の4容疑者(職業はいずれも自称)。

 4人の逮捕容疑は24日午前10時~午後1時50分ごろ、対馬市美津島町の寺から銅製の仏像を盗んだ疑い。仏像のほか複数の経典も持っており、対馬南署は関連を調べる。

 対馬南署によると、仏像は高さ約11センチの「誕生仏」で、対馬市指定の有形文化財。



盗難の仏像は対馬市指定の文化財 経典もなくなる
2014年11月25日 朝日新聞

 長崎県対馬市の寺に侵入し仏像を盗んだ疑いがあるとして、韓国人の男4人が逮捕された事件で、盗まれた仏像が市の有形文化財だったことが25日わかった。県警によると、4人のうち2人が容疑を認めているといい、この仏像を狙った動機や犯行の経緯を調べている。

 窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、自称住職の金相鎬容疑者(70)のほか、農業や警備員、会社員を自称する47~54歳の男3人。県警によると、4人は24日、同市美津島町小船越の梅林寺の倉庫に侵入し、銅製の誕生仏(高さ約10・6センチ)を盗んだ疑いがある。同市・厳原港の韓国・釜山に向かうフェリー乗り場で職務質問を受け、紙袋に入れた誕生仏を持っていたため、24日夜に緊急逮捕された。

 対馬市教委によると、誕生仏は9世紀に朝鮮半島でつくられたもので、2005年に市有形文化財に指定された。



対馬の仏像盗、新たに韓国人の男逮捕…計5人に
2014年11月25日 読売新聞

 長崎県対馬市の寺から市指定有形文化財の仏像が盗まれた事件で、県警対馬南署は25日、新たに韓国人の男1人を窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕した。

 逮捕者は計5人となった。

 発表では、新たに逮捕されたのは、自称カラオケ店経営、 朴奉緒(ぱくぼんす)容疑者(42)。5人は24日午前10時頃から午後1時50分頃にかけ、同市美津島町の 梅林(ばいりん)寺の倉庫に侵入し、銅製仏像「誕生仏」(高さ10・6センチ)を盗んだ疑い。朴容疑者は、容疑について否認しているという。

 朴容疑者以外の4人は47~70歳で、職業を住職、会社員、警備員、農業と説明している。



仏像盗難「島民感情逆なで」 対馬市長、防犯設備の設置支援へ [長崎県]
2014年11月28日 西日本新聞

 対馬市の財部能成市長は27日、市指定文化財の仏像窃盗容疑で韓国人5人が逮捕された事件について「2年前の仏像盗難事件で、仏像2体がいまだに韓国側から返還されていない中で、再びこのような事件が起きたことはとても残念。島民の気持ちを逆なでする行為で、腹立たしく感じている」と述べた。

 国、県、市の指定文化財を所有する神社や寺に対するセキュリティー対策については「文化財を所有する寺などが、防犯機器を設置する際の補助率を50%から80%、さらに90%に引き上げ、文化財の所有者に防犯設備の設置をお願いしている」と話し、今後も現制度を活用した防犯対策を、文化財所有者などと協議しながら進める意向を示した。

 今後の日韓交流については「(今までやってきたことは)何だったんだろうと、あらためて感じてしまう部分がある。対馬は歴史的にも、韓国との交流を続けていかなければならない現状があり、国の外交場面でも、よい関係を築いていってほしい」と述べた。



長崎県、対馬の仏像盗難対策で博物館新設へ 中村知事が表明
2014年11月29日 産経新聞

 長崎県対馬市で貴重な仏像の盗難事件が発生していることを受け、中村法道長崎県知事は27日、対馬に博物館を新設し、市内の寺社や個人から文化財を預かる計画の具体化を急ぐ方針を明らかにした。仏像などは長年にわたって住民の信仰の対象になっており、文化財を預けた寺社や個人には複製品を渡すことも検討している。

 中村知事は記者会見で「人口が減少し、地域によっては文化財に人の目が届かない状況にある」と説明、公的な施設で文化財を一括管理する必要性を強調した。

 博物館は、県と対馬市が協力し、市内にある県立対馬歴史民俗資料館の敷地に整備する見通し。

 対馬は、朝鮮半島からの渡来仏など貴重な文化財が多い。県によると、市内では国の重要文化財として10件、県の有形文化財(美術工芸品)には24件が指定されている。



長崎の仏像窃盗、2韓国人に実刑 「歴史価値あり重大」
2015年3月27日 東京新聞

 長崎地裁は27日、長崎県対馬市の寺から仏像や経典を盗んだとして、窃盗や関税法違反(無許可輸出未遂)などの罪に問われた韓国籍金溶晃被告(55)に懲役3年6月(求刑懲役4年)、同安承チョル被告(53)に懲役2年6月(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

 宮本聡裁判長は判決理由で「被害は高額で、歴史的、文化的価値も考えれば結果は重大。強い利欲目的だった。実行犯であり、実刑は免れない」と指摘した。

 判決によると、2人は韓国籍の僧侶金相鎬被告(70)=公判中=ら数人と共謀し、昨年11月、市指定の有形文化財「誕生仏」と大般若経360巻を盗み、韓国に密輸しようとした。(共同)



<韓国>対馬で盗難の仏像1体、日本に返還へ
2015年7月15日 毎日新聞

 2012年10月に長崎県対馬市で仏像2体が盗まれ韓国で発見された事件で、韓国検察は15日、うち1体の国指定重要文化財「銅造如来立像」を日本に返還することを決めた。日韓間の外交課題になっていた仏像の返還は、両国関係改善に向けた一歩になる。ただ、残る1体「観世音菩薩坐像」の返還は見通しが立っていない。

 韓国警察は13年1月に韓国人窃盗グループを摘発、2体とも確保したが、韓国の仏教界などから日本側への返還に反対する声が上がり、引き渡しに時間がかかっていた。「銅造如来立像」は朝鮮半島統一新羅時代に作られ、伝来したとされる。返還理由について、検察は「韓国内に所有権を主張する寺院や団体がないため」と説明した。

 一方、「観世音菩薩坐像」については韓国内の寺院が所有権を主張。裁判所からも移転禁止の仮処分が出ているため、「現段階では返還について決定していない」(韓国検察)という。「銅造如来立像」は16日にも日本側に引き渡される。【ソウル米村耕一】



盗難仏像、早期返還さらに難しく 韓国の寺が提訴
2016年4月22日 朝日新聞

 長崎県対馬市の寺から韓国人窃盗団によって盗まれた仏像について、所有権を主張する韓国の寺が韓国政府に対し、引き渡しを求める訴訟を大田(テジョン)地裁に起こしたことが21日、明らかになった。盗まれた仏像は韓国で見つかり、大田にある韓国の国立文化財研究所で保管されている。

 問題の仏像は、対馬市にある観音寺の長崎県指定有形文化財「観世音菩薩坐像(ぼさつざぞう)」で、2012年に盗まれ、13年に韓国で窃盗団が検挙された。仏像も押収されたが、韓国の浮石(プソク)寺が日本の海賊「倭寇(わこう)」に略奪された可能性があるなどと主張。大田地裁が移転禁止の仮処分を決定していた。

 日本政府は仏像の返還を韓国政府に求め続けてきた。韓国外交省幹部は「裁判所が国内の法律に従って決める問題で、政府は介入できない」と説明。早期返還はさらに難しくなった形だ。(ソウル=東岡徹)



対馬で盗難の仏像、韓国の寺に所有権=裁判所が引き渡し命令
2017/1/26 時事通信社

 長崎県対馬市の観音寺から2012年に盗まれ、韓国に運び込まれた県指定文化財の仏像「観世音菩薩坐像」について、「かつて所蔵していたが略奪された」と主張する韓国の寺が韓国政府を相手取り、仏像を引き渡すよう求めた訴訟で、大田地方裁判所は26日、韓国の寺の所有権を認め、仏像を引き渡すよう命じる判決を下した。

 日本政府は日本への返還を求めてきたが、一層遠のく見通しだ。

 提訴していたのは、中部・瑞山にある浮石寺。14世紀に朝鮮半島などに出没していた海賊、倭寇によって略奪された可能性が高いと主張。窃盗団から没収され、大田の国立文化財研究所に保管されている仏像の引き渡しを求めていた。

 大田地裁は判決で「仏像は贈与や売買など正常な方法ではなく、盗難や略奪で(対馬市の観音寺に)運ばれたとみるのが妥当だ」とし、「仏像は浮石寺の所有と十分に推定できる」と判断。「(政府は)浮石寺に引き渡す義務がある」と指摘した。

 大田地裁は13年、観音寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで、日本側への返還を差し止める仮処分を出していたが、効力は切れていた。【大田(韓国中部)時事】 


牧師の平均年収は276万円 その日からなれる教会もある

牧師の平均年収は276万円 その日からなれる教会もある
2012.06.09 NEWSポストセブン ※週刊ポスト2012年6月15日号

社会学者の橋爪大三郎氏と大澤真幸氏の対論集『ふしぎなキリスト教』が30万部のベストセラーとなり、キリスト教に注目が集まっている。だが、知られていないことも多いが、果たして聖職者はどれほどの年収があるのか。。

 2010年度に日本基督教団の牧師に支払われた「謝儀」(給与)は1人当たり年間約276万円(『日本基督教団年鑑2012年版』)。「謝儀」が1000万円を超す牧師もいるが、一般的には「謝儀」の額は少ない。

「単純にサラリーマンと比較できません。住居費、光熱費、通信費、車の維持費などを所属する教会が負担してくれるケースもあるからです。ただ、収入面では非常に恵まれない聖職者がいることも確かです。『神に仕えているのだから』と牧師の清貧を是とする気風も一部にはあります」(キリスト教会研究者・八木谷涼子氏)

 日本の聖職者の数は1万2689人(『キリスト教年鑑2012年版』)。聖職者になるには、カトリックの場合、まずは神学校に入学して寄宿生活を送る必要がある。入学資格は、洗礼を受けてから3年以上経過していること、通っている教会の主任神父の推薦状があることなどだ。神学校での養成期間は大学卒が6年、高卒などの場合は一般教養課程が加わるのでもう少し長くなる。

「大学のようにカリキュラムが終われば卒業ということではなく、もっと学ぶ必要があると判断されれば養成期間は伸びます」(カトリック中央協議会広報)

 養成期間を終えると、ローマカトリック教会の名で、司祭を任命する「叙階」という名の儀式を受け、晴れて神父と呼ばれる。
 
 一方、プロテスタントの場合、職務や資格についての考え方は様々で、「教会員さえ認めれば、誰でもその日から牧師になれる教会もあります」(前出・八木谷氏)。とはいえ、大多数の教会組織は独自の教職養成・認定システムを備えている。

 例えば、日本基督教団に属する教会の牧師になるためには、教団が設立した東京神学大学、あるいは同志社大学、関西学院大学などの神学部を卒業して「補教師」という資格を取り、「補教師」となってから3年目に教団の試験を受け、合格して牧師となる。最低でも5年、通常は7年の修学が必要だ。



・プロテスタントの牧師は様々だろう。ちなみに私の通っていた公立中学校の校長は僧侶だった。他の職業を主としたり従としたりして生活費を得ていると思う。また金銭に置き換えることのできないボランティア的な相互扶助関係を牧師・信徒は享受し合っている。

キリスト教系の聖職者らは勉強熱心なので高価な神学書など出費が多いのが難点のようだ。

記事にあるように、プロテスタント教会には神学校に行かなくとも牧師と名乗れるところもあるようだ。いささか学問的には不安なのだが、ではダメな牧師なのかと一概には言えない。

なお、こうした養成システムに対しては問題点がないわけではなく、信徒らが求めているニーズに対応するためにカウンセリング技能を充実させることは重要だろう。神学が人を救うというよりも、牧師の人間性が信徒に安心感を与えることは実感である。

澤木興道 語録25

諸行無常を学すとは、その瞬間その瞬間、的のはずれないことを学することである。「この場合これでどうか」――いちいち一切生活上の工夫をすることが、無常を学するということである――無常といって、人の死ぬことのみではない。(澤木興道)1-221

・確かに無常とは死ぬことのみではない。生活上の工夫をすることが、それも的外れにならない処し方ができることが無常を生きるということだろう。

魂の言葉32

時は、それぞれの人にとって異なる歩調で歩むのだ。(シェイクスピア)

・時間には長さで測れないものがある。例えば熱中していれば時間は早く過ぎる。時を自覚できれば人間は大きく変わることができるだろうね。

シリーズ:生活習慣を見直す07 食事時間

20121101 175152

・日本人はいつからせっかちになってしまったのだろうか。農耕時代は自然に近いだろうから、近代化以降だろう。海外の国では昼休憩2時間は当たり前であろうし、熱帯地域の人たちは昼間は仕事にならないからゆっくりできる。本当に5分間の食事時間という日本人が豊かであろうはずもない。

<大波小波> 石原慎太郎の二面性

<大波小波> 石原慎太郎の二面性 
2012/11/5 中日新聞 夕刊

 「大眼目は官僚の硬直した日本支配を壊すこと」。都政を捨て国政に転身する理由として、石原慎太郎はこう大見得(おおみえ)を切った。

 彼の特徴は、大きなお題目の陰に小さな個人的事情が隠れていることだ。今回の都知事辞任は、長男・伸晃を首相にするという悲願ゆえに新党旗揚げを思いとどまっていたが、伸晃が自民党総裁選で惨敗したためその歯止めがなくなったからだ、という内幕話を『週刊文春』(十一月八日号)が報じている。

 同様の二面性は芥川賞選考委員だったときの言動にも見受けられた。その間の事情を、大森望と豊崎由美の『文学賞メッタ斬り!ファイナル』(PARCO出版)が鮮やかに説明している。石原は多くの場合、現代日本の衰弱が文学に反映しているという視点をもち、それによって芥川賞候補になった新人の作品を酷評してきた。だが、それは自分が「太陽の季節」で文学界新人賞と芥川賞を受賞したとき、当時の大家から受けた酷評の強迫反復だというのが大森・豊崎の解釈である。

 現代日本への憂国の慨嘆の根が、老大家たちから受けたトラウマとそれへの怨嗟(えんさ)にあるとしたら、それはそれでひどく人間的にも思われるのだが。 (狂った果実)



・石原氏については、いろいろな人物評がある。強権的な発言に否定的な人たちも多い反面、有言実行できる政治家だとし支持する人もいる。

彼に近しい人の発言から分かることは、石原氏は小説家であり問題提起することは上手い。そして子煩悩であり自分自身を重視するから、大きく国民が幸せにという意識は少ない。

上記の記事にも書かれているが、息子を幹事長にすることを森元首相に懇願したらしいが結果として選挙に敗れると、一転して出馬しないとしていた再選された東京都知事を途中で放棄。

彼の政策では、ディーゼル規制や銀行税、東京マラソンなどが評価されている。ただ都政に興味を抱いたのは初期のみ。その政策も、当時は優秀だった東京都の官僚が立案したものにすぎず、石原の考えたことではないのは当然のこと。

そして批判の根底にあるのは、厳しすぎる弱者叩きである。彼は弱いものいは手厳しく対処する。相手が反論できないからこそ言いたい放題なのだ。だから社会的な弱者からは嫌悪の対象ですらある。弱者は恩恵ともいうべき社会的な保護制度がいろいろとあり、それを好まない人たちがいることを上手く利用して支持を集めているだけのことだ。

独裁ができる都政の場合は唯一活躍できる場所となったが、国政では彼の考える極端な意見はほんの一部に過ぎない。また平気で変節することも同僚大物議員の証言から分かる。

政治家に求められいることは、私心を押えて国民の利益を最優先させる資質、ものごとを調整しまとめるリーダーシップ、高潔な人格だろう。それなくして威勢のいい放言を垂れても誰の心も動かさないだろう。


<大波小波> 石原慎太郎はどこへ行くのか
2012/11/10 中日新聞 夕刊

 命あるうちに最後のご奉公と思って…と、いささか古風な旗印を掲げ、石原慎太郎が都知事辞職と国政復帰を宣言した。彼はこの先、どこへ行き、何をするつもりなのか。

 今から五十六年前、「太陽の季節」を引っ提げての登場は、文学作品がひろく社会の関心を呼び、風俗にまで影響を及ぼした点で、まさに衝撃的と言ってよかった。のちに国会議員となり、都知事になってからも、彼の発言や施策は社会に刺激を与え続けた。

 その「まず世界が自分のまわりを廻(まわ)っている、と確信している漠然たる心的傾向」を“無意識過剰”と好意的に評したのは、かつての文壇の僚友、江藤淳だったが、同じように感じた人は周辺に多かったのだろう。育ちのよさを示す人柄も魅力の一つに数えられるかも知れない。

 今後の石原は新党を結成して活動を続けるという。政治から手を引く気は全くなさそうだが、その場合、彼の文学はどういう位置づけになるのか。政治の場における挫折も含めた長年の経験を詳しく吟味して、一篇の長篇小説に書き上げることが、八十歳になった彼にとって最もふさわしい仕事だとは言えないか。もはや無意識過剰の馬力だけで乗り切って行ける時節ではあるまい。 (残照)



「太陽の党」旗揚げ=石原氏ら記者会見へ
2012年11月13日 時事通信

 石原慎太郎前東京都知事とたちあがれ日本の平沼赳夫代表らは13日、都内のホテルで記者会見し、代表者を石原氏とする新党「太陽の党」の旗揚げを発表する。

 会見に先立ち、新党の母体のたちあがれが、政党の名称を太陽の党に変更すると総務省に届け出た。たちあがれを解党せず、衣替えする形にしたのは、12月分のたちあがれの政党交付金(約4300万円)を受け取れるようにするため。



追記  3日で反古に・・・

太陽の党:解党、維新と合流へ 「減税」とは白紙
2012年11月16日 毎日新聞

 日本維新の会と太陽の党は16日、近く合流することで合意した。維新の橋下徹代表(大阪市長)が同日、太陽の石原慎太郎共同代表らと国会近くのホテルで会談して一致すべき政策課題を提示、太陽が受け入れることを決めた。太陽が解党して維新に合流、党名は日本維新の会のまま変えない。第三極の連携は、太陽が加わる維新とみんなの党を軸に進むことになる。

 橋下氏は会談で、維新が衆院選公約に盛り込む▽脱原発▽環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加▽消費税の地方税化−−の3点を含む政策課題と、維新とみんなとの政策合意の内容を提示。太陽にとって本来は隔たりの大きな主張が含まれるが、会談後に党本部で協議した党幹部は受け入れることを決定、石原氏が橋下氏に伝えた。

 また橋下氏は会談で、石原氏が新代表に就任することを提案したが、石原氏は2人が共同代表となる案を示し、結論は出なかった。

 橋下氏は会談後、大阪市内で記者団に「基本的なところで(政策を譲った点)はない。野合と言われることはないと思う」と述べた。太陽の園田博之前衆院議員は国会内で記者団に「(政策面は)話してみれば真逆ではなかった。候補者の調整も一気にやりたい」と語った。維新は17日に最高議決機関である全体会議を大阪市内で開催、石原氏も出席して合流を正式に決め、合同で記者会見する。

 また、太陽は16日の幹部会合で、減税日本との合流を先送りする方針を決めた。石原氏は減税の河村たかし代表(名古屋市長)とともに「4党合流」を求めてきたが、太陽幹部は「減税とは事実上白紙だ」と発言。維新の松井一郎幹事長(大阪府知事)も「(減税とは)政策が違う」と否定した。

 一方、みんなの党との連携について松井氏は、合流を求めず選挙協力を模索する考えを示した。【藤田剛、福岡静哉】



追加

維新・石原代表「核ないと発言力ない」
2012年11月21日 朝日新聞

 日本維新の会の石原慎太郎代表は20日、日本外国特派員協会で講演し、「いまの世界の中で核を持っていない国は外交的に圧倒的に弱い。核を持っていないと発言力は圧倒的にない」と持論を展開した。

 石原氏は「ロシアには領土を奪われ、(ロシアは)核を持っている。中国は、シナは核を持って日本の領土を奪おうとしている。その日本は一種の平和ぼけだ」と解説。「尖閣の問題にしても、自分で血を流して守る気概がなければ(米国は)助けてくれない」と主張した。

 そのうえで、「核兵器に関するシミュレーションぐらいやったらいいと思う。これは一つの抑止力になる。持つ持たないは先の話だけど」とも述べた。



石原慎太郎代表:「核シミュレーション、抑止力になる」
2012年11月20日 毎日新聞

 日本維新の会の石原慎太郎代表は20日、東京都内の日本外国特派員協会で講演し「日本は核兵器に関するシミュレーションぐらいやったらいい。これも一つの抑止力になる。持つ、持たないは先の話だ」と述べ、核兵器保有について研究すべきだとの考えを示した。「個人の見解」と断ったうえでの発言だが、次期衆院選に向けて論議を呼ぶのは必至だ。

 石原氏は、この講演に先立ち、「核を持っていないと発言権が圧倒的にない。北朝鮮は核開発しているから、米国もハラハラする」と指摘。核兵器の有無が外交力を左右するとの認識を示した。

 また、これまで中国を「シナ」と言ってきた理由を「孫文が作ったもので、悪い言葉ではない。日本人にとって中国とは広島県と岡山県だ」と語った。そのうえで日中関係について「仲良く、友好に進むのは好ましいが、シナの覇権主義で日本が第二のチベットになることは絶対に好まない」と、けん制した。【坂口裕彦】



「原発ゼロ目指さない」 維新・石原代表、インタビューで
2012/11/26 中日新聞

 日本維新の会の石原慎太郎代表は26日、本紙などのインタビューで、現時点で「原発ゼロ」を目指す考えがないことを明らかにした。

 橋下徹代表代行(大阪市長)が「原発ゼロに向けてやる」と主張していることについて石原氏は「個人的な発言だと理解している」と、党方針ではないとの考えを示した。

 原発を含むエネルギー政策については「どういう産業をどうやって盛り上げていくか考えなければ(原発を)何パーセント残す、残さないという議論にならない。綿密な経済のシミュレーションをやった上で(火力や水力との)エネルギーの配分を決めていくのが妥当だ」と述べた。

 衆院選の対応については「自民、公明両党に過半数を取らさないように、強力な『第二極』をつくらないといけない」と、自公の過半数獲得阻止を目指す考えを強調。その上で「強力なキャスチングボートを持ちたい。肝心なことを決めるのに過半数が要るなら協力する」と、自民党と連携する可能性に言及した。

 みんなの党との小選挙区の候補者調整が難航していることについては「(みんなの渡辺喜美代表は)視野狭窄(きょうさく)と自己過信がある」と批判した。

 石原氏は、河村たかし名古屋市長の合流が実現しなかったことについて「大阪側に拒否反応があった。減税という名前も良くない。(名古屋市で)市民税の減税に成功したから他の自治体で通用するわけではない」と指摘した。



<維新>橋下氏「自民との連立与党ない」 石原代表と温度差
2012年12月5日 毎日新聞

 日本維新の会の橋下徹代表代行(大阪市長)は5日、BSフジの報道番組で衆院選後の連立与党入りに関し、「連立には入らず、有権者が求めることを実現するためにいろんな党と組む」と話し、政策ごとに他党と部分的に連携する方針を示した。石原慎太郎代表は自民との連立について「できると思う」と積極姿勢を示しており、選挙後の枠組みを巡っても幹部間の温度差が浮き彫りになった。

 橋下氏は「自民の支持母体は業界団体。民主は公務員の労働組合。支持母体で党の態度は決まる」と両党を批判。一方で「既得権を壊しながら公務員改革をやっていく。そういう方向性の政策に関しては、自民党であろうが民主党であろうが手を組む」と話し、連携に含みを残した。

 松井一郎幹事長(大阪府知事)も同日、大阪市内で記者会見し、連立与党入りを「ない」と否定。自民党の看板公約の「国土強靱(きょうじん)化」を「古いばらまきだ」と批判した。【藤田剛、平野光芳】


神の風景-人間と世間-107

「人として普通に生きられたら大したものです。普通の生き方の陰には、この人でなしになるまいとする必死の努力が潜んでいるのです」(藤木正三)2-127普通(1)

・そうつくづく感じます。普通に生きられたら、どんなに凄いことか。虚勢を張っているにすぎない生き方でも、人でなしにはなりたくないという思いがあります。ふっとした瞬間に魔が差すと、人間は獣以下になります。

キリスト教徒だけど坐禅!? 仏「Zen」事情

キリスト教徒だけど坐禅!? 仏「Zen」事情
2012年10月15日 Excite Bit コネタ

フランスの街中で、しばしば「Zen」という言葉を見かける。これは「禅」という言葉がフランス語として使われたものだ。欧州において禅は、東洋の神秘的なイメージも加わって肯定的な意味でとられることが多い。一体フランスでどれくらい市民権を得ているのだろうか。パリにある曹洞宗ヨーロッパ国際布教総監部でお話をうかがった。

「欧州全体で約4600人のメンバーがいます。そのうち、もっとも多いのがフランスで約2200人。イタリア、ドイツ、スペインがほぼ同数でそれに次ぎます。『メンバー』というのは禅に興味があり坐禅などに参加している人々のことです。日本の檀信徒の制度とは状況が異なる場合も多いので、こう呼んでいます」

日本だと寺院が坐禅の会などを主催しているが、海外ではそのような場所も多くないだろう。どのように彼らは参禅しているのだろうか。

「たとえば主催者が家の一室を提供して、サークルのような形で坐禅を修行しています。また建物のワンフロアを借りて、仏像なども安置している大規模な所もあります。このような道場ではフロアを坐禅堂と本堂を兼ねたような場所にして、坐禅を終えた後に読経をするケースもあります。その他にも、応量器と呼ばれる食器で作法にのっとって食事をしたり、夏には2泊3日から1週間、摂心と呼ばれる泊まり込みの修行もおこなわれています。またフランス中部、ブロア市近郊には『禅道尼苑』と呼ばれるフランスでもっとも大きな道場があり、そこでは1年に数度、欧州全土から多くのメンバーが集まります」

このような道場の数は、同総監部が直接関係を持っているものだけで欧州全体で約300。フランスには約200あるそうだ。ただし禅への取り組み方も個人差があり、道場に関する明確な規定は設けていないため、正確な数はカウントできないという。またフランス仏教界全体で見ると、歴史的な経緯や亡命僧の多さなどから曹洞宗よりチベット密教やベトナム禅の方が、規模ははるかに大きいそうだ。

このような統計から欧州でもフランスのメンバー数が群を抜いているが、これには理由があるという。

「1967年に弟子丸泰仙という曹洞宗の僧侶が、欧州へ禅を伝える目的でパリ市内に道場を構えました。当時はベトナム戦争が起きたりヒッピー文化が流行するなど、土台だと思っていたものが無くなり何かを探している時代。そこにインドのヒンドゥー教などとともに、禅がパズルの1ピースのように上手くはまったのだと思います。また坐禅というのは、何よりもまず坐らなければなりません。日本語が理解できなくても、体さえあれば誰でも経験できる。この『まず坐る』という身体的な取り組みやすさも、海外で受け入れられた点だと思います」

興味深いことに参禅に通うヨーロッパ人の中には、キリスト教徒だが坐禅の道場へ通う人もいるそうだ。

「個人差はありますが、ヨーロッパでは禅が宗教というよりは哲学であったり、生きるための知恵という形で捉えられている面もあります。たとえばフランスではライシテ(政教分離)が徹底されていたり、国民の大半がアテ(無神論者)と答えるなど、宗教を割り切って考える風潮があります。信仰に基づき坐禅をするのではなく、身体的な行として坐禅を取り入れている人も多く、そこが欧州の他国より坐禅に参加する人が多い由縁かもしれません。ゆえに坐禅はしたいが仏像に礼拝はできないと、坐禅堂に入るときの合掌礼拝を拒む人もいます。一方でキリスト教をベースとした信仰心が厚いイタリアやドイツでは、坐禅と信仰を同じものとみなす人が多いです」

ところ変われば捉え方も変わる禅事情。その多様性こそが「禅」が国際化した証拠といえる。(加藤亨延)



・欧州の座禅事情だが記事を読んで興味深かった。よく米国の座禅の話題はあるのだが、国民性が感じられて面白い。

フランスが盛んな理由は、弟子丸泰仙 師の布教の影響が大きいということ。フランス人に分かるように指導したということだろう。記事にもあるように、宗教行為と捉えるよりも身体トレーニングとして受け取られている可能性も高いのだろう。

東西宗教交流ということで、カトリック神父が座禅することは以前から行われてきており、教義を学ぶことには抵抗があるだろうが、姿勢を正して呼吸を整えることはどの宗教にも修行の一部にあるから問題もないと思われる。

言葉を超えた気づきを与えることは、座禅のみでなく様々な修行から得られる効用である。ただ、難行苦行をすれば分かるというものでもなく、難行苦行を完遂したという人に功徳があるのではない。

この点を勘違いする人が多いと感じる。誰それの指導で何年間修業したとか・・・、そんなどうでもいいことで権威付ける人が後を絶たない。それは、俺は東大法卒だ!って生涯言いわめくことになるのと同じだだ。師匠を超えることはなかなかできないし、師匠が教えたいのは自分に従順せよではなくて、己の道を見出せということに他ならないのだ。

修行とは毎日の生活のことであり、今やっていることに専心しなりきることのみ。座禅しなくても何ら問題はないし禅堂に行く必要すらない。その辺りを、きちんと分かっている数少ない指導者に出会うことを希求して欲しいものだ。


曹洞宗ヨーロッパ国際布教総監部  http://sotozen.eu/

参考
SOTO禅インターナショナル(SZI)  http://www.soto-zen.net/

人生いろいろ:結婚相手紹介サービスに無断で登録する親

† 結婚相手紹介サービスも名簿屋が絡んでいるのだろう、調べて電話をかけてくる。そして親が勝手に登録すれば、子どもが怒るのも無理はないことだろう。この結婚紹介サービスも高額な利用料や成婚料なども必要かもしれない。

‡ 聞くところによれば親同士の見合いもあるようであり親バカも過ぎる感じがする。子どもは子どもなりにきちんと考えているが、昨今の不況が直撃し生活し子育てすることが困難な状況を改善しようとする間に齢をとってしまうのが現状だろう。


見守り新鮮情報 第146号   平成24年10月24日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

   「子の結婚は親の義務」?結婚相手紹介サービス  

 結婚相手紹介サービス業者から「未婚の家族はいますか」と電話があった。
30歳代後半の息子に早く結婚してほしいと思っていたため訪問を承諾した。料
金体系などの説明を受けた後、「息子本人に確認してから契約したい」と伝え
たが、「子どもの結婚は親の義務」と繰り返され、「無断で契約しても良い相
手さえ見つかれば絶対感謝されます」と強く言われた。「契約は早いほうがい
い」とせかされたこともあり、息子に確認せずに自分の名前で入会手続きをし
てしまった。その後、息子に報告したところ、「勝手なことをするな」と激怒
され、口をきいてもらえなくなった。お見合いどころではない。解約できるか。
(60歳代 女性)

<ひとこと助言>
☆結婚する本人だけでなく、その親を勧誘する結婚相手紹介サービスに関する
 相談が寄せられています。
☆事業者は「子どもに早く結婚してほしい」という親の気持ちに付け込んで勧
 誘してきますが、結婚するのは子ども自身です。必ず本人に確認し、納得し
 てから契約することが大切です。
☆子どもが反対したため解約を希望すると「親の説得の仕方が悪い」と怒鳴ら
 れるケースもありました。この他にも、勧誘時に説明のなかった成婚料を請
 求される等のトラブルも起きています。
☆契約しても、本人が気に入る人が紹介されるとは限りません。過度な期待は
 抱かずに、慎重に契約しましょう。
☆一定の条件を満たせばクーリング・オフや中途解約ができる場合があります。
 心配なときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


澤木興道 語録24

善も悪も一時かぎりのもである。しかしその時かぎり、永遠の善きことと、永遠の悪しきこととがある。(澤木興道)1-220

・永遠とは、時間の流れが延々と続くということではなく、時間を超越したものに触れる瞬間を指す。時間を超えたものこそ追究したいものだ。

シリーズ:生活習慣を見直す06 テレビとVDT作業

20120929 215932

・テレビやパソコンに加えて、画面の小さな携帯電話、スマホで作業することは大変な負担となっている。特に脳の負荷は想像以上であろう。テレビなどはCMが入ることで途中で休息できるが、情報端末類はなかなか目を放すことができない。個人的にはやらないゲームだが、その弊害は恐ろしいくらいだと思っている。

イスラエル・エルサレムの聖墳墓教会 水道料金未納で銀行口座凍結

イスラエル・エルサレムの聖墳墓教会 水道料金未納で銀行口座凍結
2012.11.5 産経ニュース国際

 イスラエル・エルサレムの旧市街にある聖墳墓教会が900万シェケル(約1億8600万円)の水道料金未納のため銀行口座を凍結され、聖職者らへの報酬が払えず、閉鎖の危機に直面している。

 4日までに、英BBCが伝えた。キリストの処刑場跡に建てられたとされる教会は、「エルサレム当局が水道料金の免除を認めた」としているが、水道会社は「法律上、免除はありえない」と15年分の料金の支払いを求めている。



・この聖墳墓教会は、ずっと水道使用料を免除されていると主張している。人間にとって必要なものは、パンよりも水かもしれない。中東地域の水の価値は想像以上だろう。

日本でも水を巡るトラブル(水利権)は過去から多い。それは稲作のために必要な水の確保を巡って争ってきた歴史があるからだ。

観光のメッカだけに、この争いはどうなるのだろうか。

記事を総合すると、すでに銀行口座を凍結されており、そのために閉鎖の危機にあるということだ。それは支払いができなくなること、そして抗議の意味もあるというが・・・、過去は水に流して欲しいね。


「キリストの墓」閉鎖危機?=水道料金請求に反発―エルサレム
2012年11月5日 時事通信社

 「イエス・キリストの墓」があるエルサレム旧市街の聖墳墓教会がこのほど、イスラエルの水道会社から長年未払いだった水道料金として約900万シェケル(約1億8500万円)を請求されたことに反発。抗議のために教会の閉鎖も辞さない構えを示し、物議を醸している。

 聖墳墓教会のある旧市街は、イスラエルが1967年の第3次中東戦争で占領した。当時のイスラエル市長と同教会の間で水道料金免除の約束があったとされる。教会関係者は「イスラエル統治以前から水道料金はずっと免除されてきた」と主張している。

 ところが、イスラエルの水道会社が最近になって、過去の未払いの水道料金に利子を加えた約900万シェケルの支払いを聖墳墓教会の代表としてギリシャ正教会に請求。これを拒否したギリシャ正教会の銀行口座が凍結された。ギリシャ正教会のスポークスマンは「請求に抗議するために聖墳墓教会の閉鎖も検討している」と猛反発している。【エルサレム時事】



聖墳墓教会 債務により閉鎖の危機
3.11.2012 VOR ロシアの声‎

エルサレム総主教であるセオフィロス3世は、ロシアと米国を含む世界各国の首脳に対して、聖墳墓教会を取り巻く状況について説明した書簡を送った。それによれば、約250万ドルにおよぶ水道代の支払いを求めるイスラエルの会社との争いにより、教会の口座が差し押さえられているという。ギリシャ正教会のイシヒオス大主教が明らかにした。会社側は、水道代として約240万ドルの債権を回収しようとしている。

イシヒオス大主教によれば、口座差し押さえによって、世界中からの巡礼者や観光客が教会に入れなくなる可能性もあるという。

イシヒオス大主教によれば、教会は何世紀にもわたって税が免除されており、公共料金の支払いも免除されてきたという。しかし数年前になってイスラエルはそのような特権付与を拒んだ。ギリシャ正教会、カトリック・フランチェスコ会およびアルメニア教会はいま使っている分の料金については払う準備があるものの、いままでに蓄積された債務は取り消すよう求めている。

大主教は「私たちは、オスマン、ヨルダンの支配においてさえ水道料金を払ったことはない。イスラエルの支配下ならなおさらだ。」と語っており、過去に蓄積された債務を取り消し、現在使用した分から計算を始めるよう提案している。しかし会社側からの反応はない。

聖墳墓教会は、キリスト教の言い伝えによれば、キリストが埋められ、その後復活した場所に建立されたとされている。

リアノーヴォスチ、イタルタス通信


神の風景-人間と世間-106

「虚偽とは、自分を守り通す為には一切を、たとえそれが神であろうと一切を利用して憚らない自己神化なのです」(藤木正三)2-126虚偽

・嘘をつく、神をも使って塗り固める。人間はどこまでいっても嘘の塊ですが、そのままで救われています。

ドイツ:ナチス発見の仏像「隕石」だった

ドイツ:ナチス発見の仏像「隕石」だった
2012年10月02日 毎日新聞

 ナチス・ドイツが1938年にチベットで発見した仏像が、宇宙から落下した隕石(いんせき)でできていたことが独シュツットガルト大学などの調査で分かった。隕石の仏像は珍しく、米学術誌に発表された。

20121003001.jpg

 この仏像はドイツ語で「アイゼンマン(鉄の男)」と呼ばれ、高さ24センチ、重さ10.6キロ。ナチス親衛隊(SS)のヒムラー隊長の命を受け、アーリア民族の起源を調査していた探検隊がチベットから持ち帰った。11世紀の作とみられ、仏教で幸運の印とされる「卍(まんじ)」が刻まれているため、逆向きのハーケンクロイツ(かぎ十字)をシンボルに掲げたナチスにとって貴重な発見だったという。

 独メディアによると、仏像は個人所有だったが07年に競売に出され、研究者の目に留まった。解析の結果、ニッケルを含む隕石と判明。モンゴルとロシアの国境付近で約1万5000年前に落下した破片とみられる。【ベルリン篠田航一】



・それにしても物質の組成を知ろうとした人は凄いね。

画像を見ても、ただの仏像にしか見えない。卍は幸福の印・・・なのかなあ。奥深そう。


《ウィキペディア》

サンスクリットで स्वस्तिक(スヴァスティカ)または Śrīvatsa (シュリーヴァトゥサ)と呼ばれる。英語の swastika やフランス語の svastika もこのサンスクリット語に由来する。現在の日本語では「まんじ」は漢字「卍」の訓読みとされているが、本来は漢語「卍字」または「万字」の音読みである。
左卍と右卍(卐)があり、日本では左卍が多く用いられている。漢字では卐は卍の異体字である。
かつては洋の東西を問わず幸運のシンボルとして用いられていた。日本、中国等の芸術において卍はしばしば繰り返すパターンの一部として見られる。日本では、寺院の象徴として地図記号にも「࿖」として使用され、家紋の図案にも取り入れられている。まれに忍者を表す場合にも使われる。

最も古い卍は、新石器時代のインドで見られる。一方、ドイツのハインリッヒ・シュリーマンはトロイの遺跡の中で卍を発見し、卍を古代のインド・ヨーロッパ語族に共通の宗教的シンボルと見なした。これが直接、ヨーロッパの卐となり、十字架の一表現となった。
ヒンドゥー教ではヴィシュヌ神の胸の旋毛(つむじ)、仏教では釈迦の胸の瑞相が由来で、左旋回の卍は和の元といわれ、右旋回の卐は、力の元といわれる。
中国には仏典を通して伝わり、音訳で「室利靺蹉」、意訳で「吉祥喜旋」、「吉祥海雲」などと漢訳された。鳩摩羅什や玄奘はこれを「徳」で訳したが、北魏の菩提流支は十地経論のなかで「萬」(万)と訳している。武則天の長寿 2 年(693年)、「卍」を「萬」と読むことが定められた。吉祥万徳の集まる所の意味である。これにより卍が漢字として使われることにもなったが、熟語(卍巴・卍果など)は少ない。この卍あるいは卐が変化した字が「万」である。日本語でいう「まんじ」とは「万字」である。


人生いろいろ:海外留学あっせんサービスとトラブル

† こうした頻発するトラブルを受けて、大手サービス会社は共同して適正な業者に認定マークを交付している。それほどに中小業者が林立する業界なのだ。どの会社にも得意と不得意があるだろう。語学留学なのか音楽留学なのかでも全く違う内容となるはずだ。だから世界中に目配りもできるはずもない。

‡ 国民生活センターのアドバイスにあるように、何をしたいのかをはっきりさせ現地の情報を自分自身で調べることが大事だろう。もはや日本人が住んでいないところはないのでインターネットなどを検索すれば現地の生の情報を知ることができる。もし大学生であるならば、大学を通じて姉妹提携している海外の大学に留学することは安全だろう。それとホストファミリーの問題が以前から指摘されており、宣伝文句だけでは分からないことも多い。


子どもサポート情報 第56号  平成24年10月19日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  予想外の請求!留学あっせんサービスの解約トラブル    

◆事例
娘に語学留学をさせようと思い、インターネットで見つけた海外留学のあっせん
業者に相談をした。治安が良い都市を希望したところ、業者から「日本よりも
安全」と、ある都市を紹介され、申込金を振り込んだ。その後その国に住む知
人から、その都市の様子が業者の説明とかなり違うことを聞かされ不安になっ
た。解約したいと思ったが、契約書に書かれていた解約金のほか、学校への違
約金など合計約30万円を請求されることが分かった。全額支払わなければなら
ないのだろうか。(当事者:18歳 女性)

<ひとことアドバイス>
☆留学や海外語学研修等の手続きをサポートする留学等あっせんサービスに関
 する相談が寄せられています。
☆事例のように、高額な解約料を請求されるケースのほかに、契約書が交付さ
 れない、約束のサービスが提供されない、契約をせかされる等のトラブルも
 あります。
☆まずは、留学先で何がしたいかを明確にし、現地の情報なども自分でできる
 だけ調べてみることが大切です。
☆留学等のあっせんサービスを利用する際には、複数の事業者を比較検討し、
 サービス内容等をよく確認した上で慎重に契約をしましょう
☆困ったときはお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


澤木興道 語録23

修行とは、今ここで自分が仏道をではどうしたらいいか――この工夫である。(澤木興道)1-220

・宗教とは、自分を離れて観察し行動すること。イエスならばどう対処したか、ブッダならばどう対処したかと枠を変えてみていくこと。神・仏と一体になることの意味だ。

ロシア正教信者、Appleのロゴは悪魔的

ロシア正教信者、Appleのロゴは悪魔的
2012.10.4 The Voice of Russia (Japanese)

ロシア正教の信者の中には、Apple社のコンピューター機器を買い求めた場合、かじりとられたりんごの形のロゴを十字架のエンブレムと換える人がいることがわかった。

インターファックスの報道によれば、こうした人々は宗教的な見地から、Apple社のロゴであるかじりとられたりんごは旧約聖書に書かれた人類最初の罪を想起させると捉えている。創世記では楽園に暮らすエヴァが蛇に姿を変えた悪魔の誘惑に負け、知恵の木から採ったりんごを口にした。

このことから正教徒のなかにはApple社のロゴは反キリスト教的だととらえ、十字架のマークに換える人がいる。



・このロゴの由来は、以下のブログ記事を参照されたい。

それにしても、反キリストという考え方はいろいろとあり、図版や数字などを悪魔的と決めつけて排除する向きもある。

私自身は、偶像に何ら価値を置かないので問題を感じたことはない。ただモノに価値を置く人にとっては問題となってしまうのだろう。


参考 Jackと英語の木(ブログ)

アップル(Apple)のマークはどうしてりんごで、かじったような形をしているのだろう?

アップル社のりんごのマークは、ニュートンが林檎の木の下で万有引力の法則を発見した、という故事に由来しています。また、りんごがかじられたような形になっているのは、パソコンの容量を表す単位のバイト(byte)が、英語の他の意味ではかじる(bite)になっていて、これと引っ掛けたと言われています。りんごが虹のような色になっているのは、りんご(アップル)が虹のようにきれいに大きく成長することをもじっているらしい。りんごのマークの由来には、もう少し詳しい話があります。

13358.jpg

Apple社の創業当時のロゴマークは、ニュートンがリンゴの木に寄りかかって、本を読んでいるところをモチーフにした絵でした。しかしこれでは堅く、面白くないと考えた創業者のスティーブ・ジョブズは、あるデザイナーに新しいマークを依頼しました。それがりんごの右側に一かじりを加えたマークで、一かじりを意味する “a bite” とコンピュータの容量の情報単位 “byte” をかけたものでした。最初はマークはモノクロでしたが、ジョブズが、さらに新しいApple IIのカラー出力をより印象づけるため、カラー化を図り、6色の横縞のレインボーカラーがりんご追加されました。その後ジョブズは一旦アップルを去りましたが、1997年にジョブズが暫定CEOとして、Apple社に復帰するまでの間は、6色で塗り分けた横縞模様が入っていました。しかし現在では、そのカラーは廃止され、ジョブズの意向により、単色のりんごのデザインのマークに変更され、使用されています。

13353.jpg

米アップルが、りんごにした理由はまだあるようです。例えば、イギリスの、ビートルズがやっていた、アップル社からヒントにしたとか、電話帳でなるべく最初の方に出るように"A"の付くものにした、またりんごはキリスト教関係では、アダムとイブの知恵の実の象徴で、パソコンを現代の知恵の実にしたいとの意味ではないかとか、さまざまの由来がありますが、アップル社は公的な見解は出していません。


↑