福音はとどいていますか33

「後があるということもまた何事にも言えることです。悔い改めとは、どんなに遅れても間に合いますが今しないと間に合わない、そういうことなのです」(藤木正三)1-55悔い改めの時

・今が悔い改めの時だと藤木師は語りかけます。悔い改めは将来ではない、いま刻々と行っていなければならないものなのです。その意味で、悔い改めの消費期限は偽装できないのです。

<自殺防止>真宗本願寺派、NPO設立 宗教超えて、電話相談

<自殺防止>真宗本願寺派、NPO設立 宗教超えて、電話相談
2010年1月19日 毎日JP

 毎年3万人を超える自殺の防止に宗教者がもっとかかわるべきだとして、国内最大規模の伝統仏教教団である浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、京都市下京区)が4月、電話相談のためのNPO法人「京都自殺防止センター」を設立する。自殺に対しては「仏教の教えに反し命を粗末にしている」と考える僧侶も多く、教団レベルでの取り組みは珍しい。

 同派は08年、全国約1万の末寺を対象にアンケートを実施(回答率26%)。8割以上が自殺予防や遺族支援に「特にかかわっていない」と答え「必要性は感じるが、何ができるのか」といった悩みも多かった。一方、市民団体などからは「悩みを宗教者に聞いてほしい人も多い」との意見が寄せられた。

 そこで勉強会などを重ね「死にたい気持ちを頭から否定せず、苦悩に寄り添おう」と、電話相談を始めることにした。相談者は一般市民を含め宗教・宗派を超えて育成し、秋からの活動を目指す。同派教学伝道研究センターの金沢豊研究助手は「宗教都市・京都の特性を生かしたセンターにしたい」と話す。

 活動に関心を持ってもらおうと、2月5日に西本願寺で公開フォーラム(無料)を開き、相談実習のワークショップ(7日まで3日間、有料、要申し込み)も行う。問い合わせはフォーラム事務局(電話075・371・9244)。



・自殺防止に尽力する宗教家は少なからずいます。

問題は、24時間対応できるか。宗教的臭い対応にならないかだと思います。
先進事例が、たくさんありますから検討を重ねて実効性のある活動を期待したいものです。

仏教名句14

来て見れば 聞くより低き富士の山
釈迦も孔子も かくやあるらん  (村田清風)

・堂々とした句である。
むかしの道を求める人は、直々に師匠を求めてやってきた。
言わば他流試合を仕掛けるようなものだね。
もし、現代にイエスがいたら出かけて行って教えを請わないだろうか。

心の泉23

「人生は答のある問いとはわけが違う。人生――それは、観想の対象にふさわしく、不思議に満ちた奥深い神秘」(アントニー・デ・メロ)1-403

Life is not a problem to be solbed, a question to answered.
Life is a mystery to be contemplated, wondered at and savoured.

・人生には答えはない。だから誰に聞いても答えはない。自分自身で生きて答えを探さなくてはいけない旅を生涯に渡って送らなければならない。しかし、その過程は奥深い神秘を垣間見る機会となる。それが人間に生まれた神秘。

大分の統一教会を捜索、印鑑不正販売の疑いで

大分の統一教会を捜索、印鑑不正販売の疑いで (読売新聞)
2010年1月19日

 大分県警は19日、不安をあおって高額な印鑑を売り付けたとして、大分市上野町の印鑑等販売会社「サンハート健美」と、元従業員の女2人の自宅など5か所を特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で家宅捜索した。

 県警は、女が世界基督教統一神霊協会(統一教会)の信者とみて大分市新川町の同協会大分教会も捜索した。

 県警によると、女は同県由布市の40歳代と岡山県倉敷市の50歳代で、由布市の女は今も従業員の可能性があるという。2008年8月、大分市内の女性(54)の自宅を訪問し、「奥さんの字画は良くない。大凶です」などと迫り、印鑑6本(計約50万円)を購入させた疑いが持たれている。



・懲りないね統一教会。これが疑似キリスト教会だから始末が悪い。
彼らの言い分は何なのか。騙される奴は馬鹿なのか。宗教と金儲け。

022 ”今日も何もできなかった”という虚しさを解消する方法

ベネディクト修道院長のつくった規律には、毎日何かしらの手作業を行うことが明記されている。このような身体を動かす仕事をしないと、身体的にも元気がなくなり、そのうえ気分まで落ち込むことだってある。
また、一方で院長は、毎日1つ、精神的な課題も出した。肉体労働を一生懸命やりすぎて、すっかり疲れきってしまうと、精神まで完全に低迷状態になってしまう。頭も手も、片方の使いすぎは問題を起こす。

・大変ためになる教えかもしれない。
現代は、知的労働か肉体的労働のどちらかに分けられているから、身体の使い方が偏ってしまっている可能性が大きい。指摘にあるように、肉体労働で疲れ果て一杯飲んで眠るような生活を続けるならば虚無感に陥ってしまうのではないだろうか。バランス良く身体を使うことで、虚無感から脱出したい。

福音はとどいていますか32

「信仰は迷いの所作なのですから。それにしても、イエスを取り押さえようとしたマリアの姿の、なんと人間の自然な性向にそのままであることでしょう」(藤木正三)1-54マリア

・信仰に憑かれた人たちの振る舞いは、ドキッとさせられることが多い。その自然な振る舞いが異様であるが本当の姿には違いない。

奈良・不明住職:万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで

奈良・不明住職:万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで
2010年1月18日 毎日JP

 昨年11月に行方不明となり、奈良県警が捜していた同県橿原市の住職が17日、福島市内でおにぎりなどを万引きしたとして窃盗容疑で現行犯逮捕された。福島県警福島北署によると、逮捕されたのは橿原市雲梯(うなて)町の西応寺住職、庵戸真教(あんど・まさのり)容疑者(29)。逮捕容疑は17日午後5時40分ごろ、福島市南矢野目のスーパーで、おにぎりなど8点(計969円)を盗んだとしている。

 同署によると、庵戸容疑者が品物を持ったまま店外に出たため警備員が取り押さえ、署員に引き渡した。所持金は約100円。数日前から福島市で野宿などをしていたといい、「家出して金を使い果たし、万引きした」と供述しているという。

 庵戸容疑者は昨年11月8日未明、飲食店を出た後に行方が分からなくなり、家族が捜索願を出していた。乗っていた自転車に血痕が付いていたことから、奈良県警は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて顔写真などを公開して行方を捜していた。



・行方不明、一転して窃盗容疑者。記事では家出の原因については言及されていない。29歳の住職に何があったのだろうか。2か月間の逃避行で窃盗とは情けないような気がする。

 西応寺は、浄土真宗本願寺派のお寺。奈良県橿原市雲梯町585

みつを13

「イエスの祈りは、彼の生涯がまさにそうであったのだが、本質的に父を中心としたものとなっている」(アントニー・デ・メロ)2-73

・主の祈りには、祈りの順序が記されている。


**自分が自分にならないで だれが自分になる

・まったくそうだね、あなたの人生はあなたの一日の行動次第だ

仏教名句13

釈迦という いたずら者が世に出でて
多くの者を惑わするかな  (一休禅師)

・釈迦のことばに捉えられたが、その意味を解せずに弟子たちは右往左往した。
イエスに従った弟子たちも同様だった。
そのことばが、あまりに常識とかけ離れていたゆえに。

両親入信の宗教団体を捜索 乳児死亡事件で福岡県警

両親入信の宗教団体を捜索 乳児死亡事件で福岡県警
2010年1月14日 共同通信社

 福岡市で昨年10月、低体重でアトピー性皮膚炎の乳児に手かざしによる「浄霊」をし、病院での治療を受けさせずに死なせたとして殺人容疑で父高月秀雄(たかつき・ひでお)容疑者(32)と母邦子(くにこ)容疑者(30)が逮捕された事件で、福岡県警は14日、2人が入信し、職員として勤務する福岡市東区の宗教団体「新健康協会」総本部を関係先として家宅捜索した。

 県警によると、死亡したのは両容疑者の長男嘉彦(よしひこ)ちゃん=当時(7カ月)=で、両容疑者は「手をかざせば治ると思っていた」と供述。秀雄容疑者は小学生の時から、邦子容疑者も中学時代からの熱心な信者で、両容疑者の親も信者だった。

 ほかの複数の信者も嘉彦ちゃんに手かざしをしていたといい、県警は教義の内容や、死亡までの経緯の把握を進める。

 新健康協会のホームページや捜査関係者によると、同協会は九州をはじめ北海道や関東、関西地方などに支部など70カ所以上の関連施設があり、約1万人の信者がいる。

 一方、保健師らが市の家庭訪問事業で、両容疑者の自宅を2回訪ねながら嘉彦ちゃんと会えず、体重減少などの異常を把握できていなかったことも判明。親が子どもに治療を受けさせない「医療ネグレクト」は身体的虐待と比べ周囲が気付きにくく、ハイリスク家庭の把握には訪問事業が重要な機会で、今後に課題を残した格好だ。

 福岡市によると昨年5月、乳児がいる家庭の育児相談のため民生委員が訪問。邦子容疑者から「赤ちゃんが泣いていて手が離せない」と断られ、嘉彦ちゃんの様子を確認できなかった。同9月には、嘉彦ちゃんが4カ月健診を受けていなかったため保健師が訪問したが留守だった。市の担当者は「結果として見逃してしまったことは残念」としている。



・医療ネグレクト

自然治癒力を信じる人たちが大勢いるし、中には宗教的癒しを求める人たちがいる。現代医療に対する批判も含んでいるとしても、急性期の治療には自然治癒力は期待薄なところがある。他の事案でも問題になっているのは、自分自身で判断できない15歳未満の信者・信者の子どもに対する危機介入である。記事のように、行政が気づく機会がなければ近所の通報で知ることしかないだろう。また、通常のネグレクトと違い暴行や育児放棄をしているわけではない。医療行為に関しては、手かざしに重きを置いたのだろう。両親は信じて真剣に手かざしをしたに違いないが、結果として子どもを死亡させてしまった。問題は、刑事罰いかんではなく宗教と科学・医療の立ち位置を信者本人が自分の頭で考えることに尽きるだろう。

021 たまには日常を抜け出し、朝日を見てみよう

まだ、暗いうちに起き、積極的に日の出を体験しようとする人もまれにいる。その人たちは、暗闇から昼間への移り変わりを体験する。天気にかかわらず、この瞬間をたいていだれもが幸せと感じるのだ。そうすることで、魂は軽くなるからだ。

・元旦の御来光を拝む。毎朝、ラジオ体操を欠かさない人もいる。
経験的に言えることは、朝の日の出前の暗闇から、光の世界に入る時間をまたぐことは人間に変容を与える。
朝がすっきりと起きられる習慣が身につけば何かが変わるだろうね。

福音はとどいていますか31

「神が勝利し人が敗北していないような、そんな信仰の言葉は、たとい筋が通っていても、嘘です」(藤木正三)1-53人の筋 神の筋

・この断想は、主人公は誰なのかということを問われます。人の筋が通っているのか神の筋が通っているのか。神学論争などは、これを考えると分かります。結局は、人の筋を誰もが通したいのです。それによって、神は負けてしまいどこにもいなくなります。

「2012年」と時の印(しるし)

「2012年」と時の印(しるし)
2010年1月8日 ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 少し時期がずれたが、まだ許容範囲と考え、書いてみることにした。
 クリスマスになるといつも話題となるテーマは「ベツレヘムの星」だ。新約聖書によると、救い主イエス(メシア)の誕生を東方の3博士に知らせたのは「ベツレヘムの星」(マタイによる福音書)だった。
 3博士は星に導かれてイエスが生まれた場所を見つけるが、天文学者の間では、3博士を導いた星が「惑星」か、「彗星」か、それとも新星か、ひょとしたらハレー彗星だったか、さまざまな説があって、定説はない。天文学者ミハエル・モルナーは「紀元前6年4月17日、朝の天空に多くの惑星が同時に現れるという現象があった」と指摘している。
 ローマ・カトリック教会総本山、バチカン法王庁の天文学者、G・コンソルマニヨ氏はバチカン日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノ6日付のインタビューの中で、「ベツレヘムの星がどの星だったか、残念ながら解明できないが、イエス誕生前後の天文学的現象はイエスの降臨が宇宙的意義があったことを示唆している」と述べている。換言すれば、天宙的出来事が生じる前には必ず、何らかの「時の印」があるというわけだ。
 イスラム教の教祖マホメットは口承で、「ラクダに乗る遊牧民べドウィン(アラブ人)が高い建物を造る時、終わりが始まる」と述べている。読者は想起して欲しい。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで今月4日、世界一高層ビル(828メートル)「ブルジュ・ドバイ」がオープンしたばかりだ。
 また、世界に散らばっていたユダヤ人が再び国を建国する時、メシアが再臨する、という預言がある(イスラエルは1948年、建国宣言)。
 ところで、中南米で華やかな文明を誇ったマヤ人は9世紀から10世紀頃、地上から忽然と消滅したが、マヤ人の長期暦は2012年12月21日で終わっている。このことから「人類の終わり」「惑星の地球衝突」など終末シナリオが話題となってきた。
 マヤ暦に刺激されたわけではないだろうが、「2012年」を大きな転換期と予想する学者や宗教家たちは結構、多い。
 ちなみに、隣国の北朝鮮でも故金日成主席生誕100年目の「2012年」を「強盛大国の初年」と位置付けている。
 2000年前、イエスの誕生が「ベツレヘムの星」を通じて告知されたように、天宙的出来事が近い将来生じるとすれば、必ず事前に何らかの「時の印」があるだろう、と考えていいわけだ。
 当方は「2012年」が歴史的に大きな節目と予感する一人だ。



・何年にはどうなる!?という預言が多い。

映画「2012」でマヤ預言が取り上げられたが、預言があるから生き方をどうこうするというのはおかしい。人間は、裁きが最後にあるから善行を積むというのは、いかにも打算的ではないだろうか。裁きがなければ、どう生きてもいいのだろうかという疑問が湧き上がる。

ベツレヘムの星の真相は分からない。ドバイショックを予兆と考えるのはいかがか。2012年が節目になるのか分からないが、淡々と生きるしかないだろう。

心の泉22

「ひとつの経験。それだけで、自分の人生が意味あるものとなりうる、ひとつの経験を挙げてみなさい」(アントニー・デ・メロ)1-403

Cite one experience that alone would justify your life.

・人生を変えてしまう一つの経験。それは小さな出来事かもしれない。今まで分からなかったことが突然に分かる。人生の意味なんて所詮分からないが、意味らしいものを感じることがある。それを大切にしたい。

難度海27

   壁

おのが愚をしるにつれて
ながねんの
私をふさぐかべが
いつしか
さわりにならず

・愚を知ることができれば、つまり自分自身を知れば
自分に対する過大な請求もなくなる。
自分の壁と考えていたものは、実は自分らしさの壁だった。

中国地下教会所属司教の「葬儀」

2346_01s-.jpg

中国地下教会所属司教の「葬儀」
2010年1月14日 ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 中国カトリック教会の姚良(Yao Liang)司教は昨年12月末、河北省張家口市教会で死去した。87歳だった。
 葬儀は1月6日に行われた。中国共産党政権は同日、葬儀を妨害する為にさまざまな手段を駆使し、信者たちが参加しないように腐心したが、約5000人の信者たちが集まったという。バチカン放送(独語電子版)によると、同日はマイナス30度と凍るような日だった。
 バチカン放送は上海のミヒャエル・バウアー神父とインタビューしているが、同神父は「中国のキリスト者は姚良司教が真の聖職者として生涯を捧げたと感じたから、当局の締め付けにもかかわらず、葬儀に参加したのだ」と述べている。
 1923年生まれの司教は神父に叙階後、中国共産党政権の官製組織「カトリック愛国会」に所属を拒否し、ローマ法王に忠誠を尽くしたため、過去30年間余り収容所生活や強制労働を余儀なくされ2006年7月には、当局の許可を受けずに聖職者を任命したとして、30カ月拘束されている。なお、中国当局は地下教会所属の司教を「司教」と呼ぶことを禁止している。
 ローマ・カトリック教会の総本山、バチカン法王庁の日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノは12日付で死去した姚良司教の功績を称える異例の追悼文を掲載し、「人生を信者たちの為に尽くしてきた良き羊飼いだった」と指摘。その一方、「政府当局は葬儀に参加しようとした信者たちを恐喝した」と述べている。
 中国のカトリック教会には94人の司教がいるが、その内38人の司教は地下教会に所属している。
 当方は冷戦終焉直後、世界で最初に「無神論国家」を宣言したアルバニアのティラナで、25年間、収容所生活を送ったカトリック教のゼフ・プルミー神父と会見したことがある。神父からは恨みや批判の声は聞かれなかった。その穏やかな笑顔をみていると、宗派や教派に関係なく、その信仰の強さと素晴らしさに脱帽する。
 姚良司教やブルミー神父の人生は、「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだならば、豊かに実を結ぶようになる」(ヨハネによる福音書第12章24節)という聖書の聖句を思い出させる。



・こうした情報は著しく制限されているようだ。

仏教名句12

仏というも、さとるというも、名はかわれど、同じ道なり。
わが本心をさとる人を、すなわち仏と名づくるなり。  (一休禅師)

・本心を悟る、己を知るということ。

心の泉21

「静寂のうちに、あなたはすっかりつくり変えられる」(アントニー・デ・メロ)1-403

You are made whole again in silence.

・人間が変化するって劇的ではないのです。静寂・沈黙のなかで進むのです。ほんとうに全てが変わってしまうのです。それは洗脳されたような表情がなくなる変化ではなく自分自身を持ちながらもモノゴトに対しての反応が一変することです。そして、もう逆戻りすることはないのです。

続「あなたの名は?」

続「あなたの名は?」
2010年1月11日 ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 マレーシアのクアラルンプール上級裁判所は昨年12月31日、キリスト者も神を意味する「アラー」を使用できるという判決を言い渡した。イスラム教徒以外でアラーという呼称を使用してはならないと決定した政府の主張を「信教の自由を明記する憲法に違反する」と指摘している。それに対し、政府は今回の判決を不服として早速、上訴した。
 マレーシアの「アラーの呼称」問題は、同国のカトリック教会クアラルンプール大司教区で発行している週刊英字紙ヘラルドがイスラム教徒以外で「アラー」の呼称使用禁止した政府決定を不満として、裁判を起こしたことから始まる。同国では国民の約60%がイスラム教徒であり、残りの40%は仏教徒、キリスト者、ヒンズー教徒だ。
 クアラルンプール裁判所の判決が伝わると、それを不満とするイスラム教徒がカトリック教会にさまざまな嫌がらせを行っている。最近では、ヘラルド誌のHPのサイトにハッカーが侵入して一時期、サイトが閉鎖されるといった事態が起きたばかりだ。外電によると、抗議デモも起きている(同じイスラム教のアラブ諸国ではキリスト教会は礼拝で神をアラーと呼んでいる)。
 ところで、「神の名」論争はマレーシアだけではない。世界に11億人の信者を誇るローマ・カトリック教会でも過去、神の名に関して類似した決定が下されたことがある。バチカン法王庁は2008年6月、「典礼で今後、Jahwe(ヤハウェ)という神の名前を使用してはいけない」とし、典礼秘跡省の書簡として世界の司教会議宛てに通達されたことがある。その理由は「ユダヤ教の伝統では、「神の名」を呼ばない。神は偉大であり、被造物の人間がその名称を呼ぶことは適切ではないからだ」という。
 神の名前については、聖書ではいろいろな呼称が出ている。「わたしは主である。これがわたしの名である」(イザヤ書42章8節)と記述されている。だから、神を「主」と呼ぶことが多い。一方、イエスは十字架の道を行く直前、ゲツセマネの祈りで神を「わが父よ」(マタイによる福音書26章39節)と呼んでいる。ヘブライ語に基づいて「エホバ」や「ヤハウェ」と呼ぶこともある。例えば、モーセが神に「わたしを遣わした方をなんといえばいいのですか」と質問した時、神は「わたしは、有って在る者」「わたしは有る」と答えている(出エジプト記3章14節)。
 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は信仰の祖アブラハムから派生した宗教だ。すなわち、3宗教は兄弟だ。どのような呼称で神を呼ぼうとも、同じ神を信じているわけだから、呼称にこだわり過ぎることはないと思うが、当事者にはそう簡単ではないのかもしれない。神の「呼称問題」の解決には、先ず、アブラハムの宗教の統一が必要だろう。



・アブラハムの宗教…そう、同じ起源からの教え

この論争のように、同じ神が違った名前で呼ばれることを拒否しているようだ。

020 やるべきことが多くて混乱するときはこう考えよう

各人が適切な基準を自分で見つけ、具体的に持続的に仕事をする。
山積みされた仕事を全部片づけられるはずはないと、最初から思っていないだろうか?

・塵も積もれば山となる。

まず足元から、始めましょうかね。

みつを12

「困難に出くわし、もうこれ以上祈ることができないと思うようなとき、イエスを見つめて願いなさい。『主よ!祈りを教えてください』と」(アントニー・デ・メロ)2-72

・幾度も繰り返して祈る。祈りは型にはまったものではない。あなたの苦悩を神の前に出しなさい。そして、祈りすらできない自分を投げ出しなさい。


**名もない草も実をつける いのちいっぱいの花を咲かせて

・そうだ、悠久の流れの中ですべてはうつろう

あなたの名は?

あなたの名は? 
2008年08月17日 ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 人類始祖アダムとエバが最初にした仕事は何だろうか。あくまでも当方の想像だが、神が創造した被造物に名前を付けることだった。「これをバラと呼ぶ」「これはヒツジとする」といった具合にだ(「愛」や「苦悩」といった抽象的な概念はずっと後から生まれてきたものだろう)。
 「ヨハネによる福音書」1章の有名な聖句、「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。・・・この言に命があった」を思い出して欲しい。名称を含む全ての言には、神の創造デザインがあったことが分る。それに基づいて、アダムとエバは名前を付けていったはずだ。
 ところで、肝心の「神」をどのように呼ぶべきだろうか。全ての存在物に名前があるように、神も必ずや名称があるはずだ。聖書を読むと、「わたしは主である。これがわたしの名である」(イザヤ書42章8節)と記述されている。だから、神を「主」と呼ぶことが多い。一方、イエスは十字架の道を行く直前、ゲツセマネの祈りで神を「わが父よ」(マタイによる福音書26章39節)と呼んでいる。その一方、ヘブライ語に基づいて「エホバ」や「ヤハウェ」と呼ぶこともある。例えば、モーセが神に「わたしを使わした方をなんといえばいいのですか」と質問した時、神は「わたしは、有って有る者」「わたしは有る」と答えている(出エジプト記3章14節)。このように、「神の名」は聖書の中でもさまざまな名称で呼ばれていることが分る。
 さて、14日のバチカン放送によると、バチカン法王庁(ローマ・カトリック教会総本山)は「典礼(礼拝)で今後、Jahwe(ヤハウェ)という神の名前を使用してはいけない」と決定したという(「典礼での神の名前の利用に関するバチカンの訓令」は6月29日、典礼秘跡省の書簡として世界の司教会議宛てに通達されたという)。その理由は「ユダヤ教の伝統では、『神の名』を呼ばない。なぜならば、神は余りにも偉大であり、被造物の人間がその名称を呼ぶことは適切ではないと考えるからだ」という(カトリック教会では通常、神を「主よ」と呼んでいる)。
 バチカンが突然、どうして「神の名」に拘り、「ヤハウェ」という名の使用を禁止したのかは知らない。明確な点は、教理によって数百のグループに分かれている現キリスト教会の再統合には、「神の名」の統一が不可欠だ、ということだろう。



・神の呼称をめぐる問題。恐れ多い神の名前をみだりに口にすべきでないと…。呼称うんぬんよりも、あなたの信じているものを把握できているのかが大切。どちらにしても人間の浅知恵でははかりかねる。

新スタートレック TNG 第123話「超時空惑星カターン」

新スタートレック TNG 第123話「超時空惑星カターン」

原題がTHE INNER LIGHTこの方が内容にふさわしい。この作品の普遍性から考えれると、他のエピソードとは別格の扱いをしたい。

たれプーさん♪は地上波初放送当時にビデオ録画したけど、最終3分が時間切れで収録されていなかった。ピカード艦長が覚醒してからどうなったのか知りたくて、そのためだけにDVDコンプリートを買いました。何回見たか分かりませんし毎回なぜか泣いてしまうのです。

単純なストーリイと日常、しかし一人の人間の一生が(一人の女性を愛し、子どもたちの成長を見守り、友と語り合った日々)このように送られていくならば本当に幸せではないのか。宇宙艦の指揮官としてではなくとも、また別の人生の可能性があるのではいのだろうかと思わされる。また、ピカードにとっても新鮮な体験だったに違いない。このエピソードには日常というもっとも大切にすべき人生の掟が刻印されている。

「私の人生に子供は必要ないとずっと思っていたが…あの子は私の宝なのだ。」ピカードは艦長となるために様々な可能性を捨ててきた。それを良しとしていたが今は違う。もう一人分の人生を、いや一つの文明を生きる決心をしていく。

「私達のことを、語り継いで? 愛してるわ。」語り継ぐこと、人間の経験を後世に残すことが生きる使命ではないかと感じてしまいます。

「今を大事にしろ! この瞬間をな! 一瞬一瞬を味わい尽くすように生きるんだ! 時は二度と戻らない。」もはや、歴史にもないカターンという星の人たちの想いであるが、私たちの生き方の指針ともなる言葉だ。

そして、レシクの笛のメロディは見る人のこころにぐさりと突き刺さる。ピカードは全く笛が吹けなかったが徐々に笛を愛していく。そして、人生を音楽が彩るようになる。のちの「ギャラクシー・ロマンス」にもつながった話となる。ピカード艦長の恋愛では、大人の恋って感じの作品ではなくお父さんの強さっていうのを感じた。ゆったりとした流れのなかで愛し愛される人間の素性が描かれた秀作。


エリーン:マーゴット・ローズ
バターイ(親友):リチャード・リール
メリボー:ジェファニー・ナッシュ
バターイ(ケーミンの子):ダニエル・スチュアート


Star Trek: The inner Light

難度海26

   ふりまわす

自力をふりまわしながら
他力を感じていたが
このごろそのふりわますのが
だいぶ下手になり

・自力、他力

他力本願という言葉はあれ、自力本願はないね。

自分に振り回されているのが現実だ。

法王、年内に枢機卿を大量任命か

法王、年内に枢機卿を大量任命か
2010年1月12日 ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 イタリアの情報週刊紙パノラマ最新号は「べネディクト16世は6月28日に新たに15人の枢機卿を任命する」と報じた。ローマ・カトリック教会総本山バチカン法王庁は同報道に対してコメントを控えているが、信頼性が高い情報と受け取られている。
 その背景には、次期ローマ法王を選出できる80歳以下の枢機卿数が1月11日現在、112人で、定員の120人までまだ余裕があるからだ。
 枢機卿団に所属する高位聖職者数は現在、182人。70人の枢機卿が80歳以上でコンクラーベ(法王選出会)参加資格を有していない。ちなみに、年末に、アイルランドのデリ枢機卿(92)、日本の白柳誠一枢機卿(81)が死去し、今年に入り、マダガスカル出身のラザフィンドラタンドラ枢機卿(84)が1月9日死去するなど、年末年始にかけ3人の枢機卿が相次いで亡くなっている。
 枢機卿は高齢者が多いこともあって、ローマ法王は定期的に新しい枢機卿を任命する必要が出てくるわけだ。ベネディクト16世は2007年11月24日、23人の新しい枢機卿に大量任命している。
 07年末現在の枢機卿勢力図をみると、パウロ6世(在位1963年6月~78年8月)が任命した枢機卿は7人、前法王ヨハネ・パウロ2世(1978年10月~05年4月)によって枢機卿となった数は156人で、枢機卿団の最大派を形成している。
 05年4月に法王に就任したベネディクト16世が過去2年半で任命した枢機卿は38人だ。同16世が今年、15人の枢機卿を任命すれば、その数は53人となるが、27年間の長期政権を務めた故ヨハネ・パウロ2世任命の枢機卿数にはまだ及ばない。
 次期法王の選出を考える時、枢機卿団の中でもコンクラーベに参加できる80歳以下の枢機卿の動向が重要となる。故ヨハネ・パウロ2世が任命した枢機卿の内、91人が選挙権を有し、ベネディクト16世の38人の枢機卿のうち、30人が選挙権のある80歳以下だ。
 もちろん、世界の11億人のカトリック信者のトップ、ローマ法王の選出は、どこかの国の党首や総裁選のように派閥所属の議員数(枢機卿数)で決定するものではない。
 5年前のべネディクト16世の選出はサプライズの少ないものだったが、ポーランド出身の故ヨハネ・パウロ2世が1978年10月、イタリア人以外としては455年ぶりに法王に選ばた時などは、「神のみ手」が介入したといわれたほどだ。
 今年4月16日で83歳を迎えるべネディクト16世は目下、深刻な健康問題を抱えてはいないが、高齢だけにいつどうなるかは不明だ。その意味で次期法王の選出権を有する枢機卿の動向は無視できないわけだ。



・枢機卿になる条件は何なのだろうか。

若い人は何歳くらいなのかなぁ。政治には違いないが、もともと組織を変えるといった発想はないはず。

福音はとどいていますか30

「どうしてこうなのかと呟きたくなるような違いが、人と人との間にはあります。この『違う』現実が、変わることはあっても結局は無くならないことは指摘されるべきでしょう」(藤木正三)1-52天国と地獄

・人間の苦しみの根本に、他人と比べる比較地獄というのがあります。お隣さんはハイブリット車を買ったぞ!お隣さんは上場企業に就職したぞ!…すべて比較です。自分の足りなさを過大に評価し落ち込むことは、人間の偽らざるところです。信仰の世界は違います。同じと言えることは誰かれもイノチを与えられているという一点だけです。誰もがイノチを与えられた同じもの被造物に過ぎないということなのです。信仰がない人は、比べて一喜一憂する地獄とも呼べる世界にいるわけです。ただし、信仰の理解を間違えると、私はクリスチャンだよ!救われた存在!神を知らないお隣さんとは違うんだ!という地獄に安住します。

難度海25

   独りよがり

小学生が自転車で
得意そうにジグザグ
私もこのようなことを
ふとしているのではないか
仏 照覧の世の中で

・加えて、手放し運転してたりします・・・

人生の主人公は私に決まっています。まあ、神仏の掌での遊戯ですから大目に見てもらっています!

女優 東恵美子 死去

gnj1001110501000-n1.jpg
東恵美子

東京都出身。日本女子神学専門学校卒。NHK東京放送劇団を経て、1948年、劇団俳優座に入団したが、1954年に山岡久乃、初井言榮らとともに俳優座を脱退して劇団青年座を結成。以後、青年座の中心メンバーとして活動するかたわら、テレビ、映画でも主に脇役として活躍。

1978年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『白い巨塔』では東貞蔵教授夫人・東政子に扮し、鼻持ちならない上流夫人を見事に演じた(ちなみに、2003年に同じフジテレビ系列でリメイクされた『白い巨塔』では東と同じ青年座所属の女優・高畑淳子が東教授夫人役を演じた)。

夫は社会心理学者の南博。2人の夫婦関係は「自由結婚」「別居結婚」「日本のサルトルとボーヴォワール」と呼ばれ、マスコミなどでも話題となった。

2010年1月8日、自宅にて死去。


【東京神学大学】の沿革 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1949年に新制大学として設立される。
直接の前身は、日本基督教神学専門学校と日本基督教女子神学専門学校(1943年に設立された日本東部神学校・日本西部神学校・日本女子神学校の3校が1944年に改組)であるが、その流れは、日本神学校(1930年設立)、東京神学社(1904年植村正久が設立)、明治学院神学部(1887年設立、1930年の日本神学校設立に伴い廃止)、東京一致神学校(1877年設立)、そして1873年(明治6年)に宣教師S.R.ブラウンが横浜に設立したブラウン塾にまで遡ることができる。また、青山学院大学文学部神学科(旧制時代、1894年に設置された青山学院神学部は1943年から1949年まで閉鎖、同年新制大学文学部基督教学科として再開、1961年神学科に改組された後1977年廃止)の流れも継承している。
したがって、日本基督教団が戦後再結集する形で諸教派の合同教会として成り立っているのと同様な意味合いで、合同神学校(ユニオン・セミナリー)であるといえる。

・彼女の出身校は、現在の東京神学大学にあたる。

浪曲師の次女として出生、最後は連絡が取れなくなった彼女を娘婿が発見した。急性心不全。85歳。

なぜ、この学校に通っていたのかは情報がないから不明だ、キリスト者であるのは間違いだろう。

人生ドラマが潜んでいるんじゃないかって、関心が膨らむ。

映画 スター・ウォーズ 全6部作

わたしはSWのねっからのファンではありません。善対悪の単純な構図に満足していなかったからです。そして、SW全六作が全て完成してから一気に、この映画を観ました。思っていたのとはかなり違っていました。一つのジェダイの家系の複雑な物語が、内容に齟齬なく展開されていました。エピソードⅣでダーズ・ベーダーが突然現れたので最初は面食らいましたが、エピソードⅠから見ていくと内容が良くわかりました。人間の持つ闇への憧れは分かるような気がするのです。また、権力に対する誘惑、完全性に対する渇望なども人間の持つ性質の二面です。
そうゆうわけで映画関連ドキュメンタリーや単行本なども出揃った段階で、この映画を見ることができてさらにSWに対する単なる娯楽を超えたものとしての、わたしの中での評価が上がりました。
それを促したのは、ジョーゼフ・キャンベルの存在でした。神話学の権威である彼の講義を聴きましたが、「わたしは苦しまなくてよいという神話に出合ったことがない」と言います。SWもまさにその通りです。主人公たちが苦しみもがき冒険を続けることにより、人間にとって一番大切なことは何なのかを知る冒険にわたしたちを誘うのです。現代の神話、それがSWなのです。
↑