Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集17

CD.121
カンタータ『われら新しき領主をいただく』(農民カンタータ)BWV.212
 ペーター・シュライアー指揮、ベルリン室内管弦楽団、他

† バッハというと厳格な様式を持っていると感じるのだが、この曲は遊び心があるようで、バッハの持っている性格を伝えるものだ。

‡ 原題は「カンタータ・ブルレスク」(滑稽なカンタータ)。全曲にわたり多数の民謡旋律を含む。


JS Bach Cantata BWV 212 Nikolaus Harnoncourt

《バッハ探究メモ》
『わしらの新しいご領主に』(Mer hahn en neue Oberkeet)BWV212は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが作曲した世俗カンタータの一つ。通称は「農民カンタータ」(Bauernkantate)。現存するバッハの世俗カンタータの中では最後の作品で、1742年8月30日にライプツィヒ近郊のクラインチョハー村で行われた新領主カール・ハインリヒ・フォン・ディースカウの着任祝宴で演奏された。全24曲からなり、当地の方言丸出しの明快なテキスト、民謡や流行歌のリズムやメロディをふんだんに取り込んだ音楽と、親しみやすい作品として人気がある。

自筆の初演総譜で伝承されている。制作にいたる動機は、作曲者のバッハにではなく台本作者のピカンダーにある。長らくバッハと組んでカンタータを世に送り出してきたピカンダーは、ライプツィヒ周辺を巡回して徴税を行う下級官吏を本業としていた。クラインチョハー村の荘園に領主として着任したディースカウはピカンダーを雇うことになった。そこで上司を讃える一曲を手土産に心象を良くしようともくろんだ…と伝えられている。その詮索を裏付けるように、テキストには露骨なお追従とも取れる台詞が盛り込まれている。

《ウィキペディア》 フリー百科事典
スポンサーサイト

Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集16

CD.121
カンタータ『おしゃべりはやめて、お静かに』(コーヒー・カンタータ)BWV.211
 ペーター・シュライアー指揮、ベルリン室内管弦楽団、他

† コーヒー・カンタータ、面白いネーミング。コーヒー好きだったバッハが、コーヒーを讃える曲を作った。愛飲家の娘リースヒェンと父親シュレンドリアンのやり取り。

‡ コーヒーのCMソング。


J. S. Bach - "Schweigt stille, plaudert nicht" BWV 211 ("Coffee Cantata")

Lieschen: Christiane Oelze, soprano
Schlendrian: Michael Volle, bass
Narrator: James Taylor, tenor
Gächinger Kantorei Stuttgart
Bach-Collegium Stuttgart
Helmuth Rilling, conductor

Recorded 1998

《バッハ探究メモ》
バッハの時代のライプツィヒにはコーヒーハウス8軒があり、大繁盛していたが、このコーヒーハウスの中には音楽も提供する店が出てきて、バッハ自身もコレギウム・ムジクム(大学生主体の演奏団体)とともに出演していたといわれている。さしずめ現在のライブハウスといったところか。このコーヒーカンタータもおそらくはこのコーヒー店で演奏されたものと考えられている。
話の筋は、流行のコーヒーのことばかり考えている若い娘のリースヒェンに、頑固おやじのシュレンドリアンが、何とかコーヒーをやめさせようとするやりとりから成り立っている。作詞は農民カンタータと同じくピカンダーであるが、もともとの歌詞は第8曲までしかなく、最後の2曲は追加された。聞いてみるとこの追加された第9曲に話しの"落ち"があるのだが、この部分を追加したのがピカンダー自身かバッハの手になるものなのかは不明である。

Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集15

CD.116
カンタータ『急げ、渦巻く風ども』BWV.201
 ペーター・シュライアー指揮、ベルリン室内管弦楽団、他

† 世俗カンタータに分類される。

‡ 神々の歌合戦。のほほん。


Bach, Kantate BWV 201

Max von Egmond, bass
Orchestra of the Age of Enlightenment
Gustav Leonhardt

《バッハ探究メモ》
ギリシャ神話に基づく「音楽劇」、複数の寓意的・神話的人物が登場し、対話を交えて進む。

Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集14

CD.107~CD.108
・ミサ曲ロ短調BWV.232
 ディエゴ・ファソリス指揮、ソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカ、他

† マタイ受難曲かミサ曲ロ短調かと好みは分かれるようです。このミサ曲作曲の目的ははっきりとしていないという。純粋なカトリックミサ曲とは異なった部分を持ち、当時のルター派教会には典礼用に作曲されたミサ曲を礼拝で演奏する習慣はなかったという。

‡ このCDの演奏はとても軽い感じで楽しかった。この曲に関しては壮大なオーケストラ演奏から古楽にのっとった小規模の演奏まで聴いている。どのような編成であっても聴くのが楽しい。


Bach - B minor Mass - 01 - Kyrie eleison

Munich Bach Orchestra, Karl Richter

《バッハ探究メモ》
バッハに関連した小説

『1Q84』 1-3巻セット
村上 春樹
出版社: 新潮社 (2010/5/29)

41mGPs.jpg

Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集13

CD.148
・トッカータ、アダージョとフーガBWV.564
 ハンス・ファユス(オルガン)

† 何か下記のオルガン奏者見覚えがあると思って少し調べてみました。やはり蔵盤にありましたが編曲版でした。

‡ ブルックナー/交響曲第8番ハ短調(オルガン版) レーベル:BIS(輸入盤BIS-CD-946)
録音:1996年(DDD)
時間:1楽章=14:55 2楽章=14:26 3楽章= 19:11 4楽章=19:31

bruck8-org.jpg


J.S. Bach: Adagio and Fugue BWV 564 (L. Rogg)

Lionel Rogg, organ

《バッハ探究メモ》
バッハに関連した小説

『幼年期の終わり』 (光文社古典新訳文庫)
アーサー・C・クラーク , 池田 真紀子 訳
文庫: 452ページ
出版社: 光文社 (2007/11/8)

初版から36年後に書き直された新版、初の邦訳!SFを超えた「哲学小説」! 地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。彼らの真の目的とはなにか? 異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿を哲学的に描いた傑作SF。

41IBV38P.jpg

Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集12

CD.153
・トッカータとフーガBWV.540
 ハンス・ファユス(オルガン)

† 足元にカメラを据えた動画で、動きがよく分かる。

‡ 動画はマリー=クレール・アランによる演奏。


J.S. Bach: Toccata in F major BWV 540 (M.C. Alain)

Marie-Claire Alain at the Christian Müller organ of St. Bavokerk in Haarlem (Holland)

《バッハ探究メモ》
マリー=クレール・アラン(Marie-Claire Alain, 1926年8月10日 - )はフランスのオルガニスト。大量の録音によって世界的に有名。
パリ近郊のサン=ジェルマン=アン=レーにて音楽家の一家に生まれる。父親アルベール(1880年-1971年)はアレクサンドル・ギルマンとルイ・ヴィエルヌに学んだオルガニスト兼作曲家。実兄ジャンも作曲家である。マリー=クレール・アランは、パリ音楽院でマルセル・デュプレのオルガン科に在籍し、首席に輝いた。 熟練したレジストレーション、オルガンの演奏習慣の歴史に関する学識、威厳に満ち、陰影に富んだ演奏によって、20世紀のまさしく最上のオルガン奏者に位置付けられている。驚異的な記憶力の持ち主で、演奏予定の曲目の楽譜を携えずに演奏旅行に出ている。

《ウィキペディア》 フリー百科事典

Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集11

CD.1411~CD.142
・18のコラール(ライプツィヒ・コラール集)BWV.651~668
 ハンス・ファユス(オルガン)

† BWV.654のコラール。

‡ 動画はトン・コープマンによる演奏。


Bach - Choral Prelude ''Schmücke dich, o liebe Seele'' BWV 654

Ton Koopman, organ

《バッハ探究メモ》
バッハが晩年にまとめたオルガン・コラール集です(コラールとは,ドイツのプロテスタント教会の賛美歌のことで,単純な旋律を持つもほとんどです)。もともと17曲だったものに,後に第3者が,BWV.668を加えて,18曲としたものです。若い頃(ワイマール時代)に書いた作品を補筆改訂し,散逸しないようにライプツィヒでまとめた作品ということで,「ライプツィヒ・コラール集」と呼ばれることもあります。

BWV668の「汝の御座の前に、われ進み出で」は、「フーガの技法BWV1080」未完成を補うために最後に付け加えられた。

Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集10

CD.142
・6つのコラール(シュープラー・コラール集)BWV.645~650
 ハンス・ファユス(オルガン)

† BWV.650のコラールを聴く。

‡ 非常に有名な曲集なので、650以外も、いずれ聴く機会があるだろう。


J.S.Bach - "Kommst du nun, Jesu, vom Himmel herunter" BWV 650

Organo Tamurini 1941, tre manuali, 69 registri reali

《バッハ探究メモ》
シュープラー・コラール集(Schüblerschen Choräle für Orgel, BWV645-650)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが1748年~1849年頃に出版した6曲のオルガン・コラール集の通称。出版譜の発行者ヨハン・ゲオルク・シュープラーにちなむもので、正式な表題は「二つの手鍵盤と足鍵盤を持つオルガンで演奏すべき種々の様式による六つのコラール」。第1曲の「目覚めよと呼びわたる物見の声」は特によく知られ、オルガニストのレパートリーに欠かせない曲集である。また作曲技法においても、オルガン・コラールの規範に位置づけられる。

三声または四声で、演奏の難易度は中程度とされている。6曲ともバッハ自身が作曲した教会カンタータから抜き出した曲をオルガン用に編曲したものである。調性はまったく変えていない。この試みは当時としては珍しいが、編曲と出版を思い立った経緯は明らかになっていない。ただし、同時期に高難度のカノン風変奏曲「高き御空よりわれは来たり (Vom Himmel hoch da komm ich her)」BWV769を作曲し、ミツラー協会に献呈していることと関連づけて、中級レベルの奏者向けに出版したのではないかと推定する学者もいる。
成立時期も正確には分かっていない。表題に続く奥付に「発行元:ライプツィヒ楽長バッハ氏、ベルリンとハレのバッハ氏の息子、ツェラの発行者」とあり、ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハがハレに就職した1746年以降に編纂されたことは判明している。1747年9月にシュープラーが出版した『音楽の捧げ物』BWV1079よりも製版・印刷技術が向上していることから、1748~1749年に出版したと推定される。

第1曲「目覚めよと呼びわたる物見の声 (Wachet auf, ruft uns die Stimme)」BWV645
第2曲「われいずこに逃れ行かん (Wo soll ich fliehen hin)」BWV646
第3曲「ただ尊き御神のままに (Wer nur den lieben Gott laesst walten)」BWV647
第4曲「わが魂は主をあがめ (Meine Seel erhebt den Herren)」BWV648
第5曲「われらとともに留まりたまえ (Bleib bei uns)」BWV649
第6曲「主を頌めまつれ (Lobet den Herren)」BWV650

《ウィキペディア》 フリー百科事典

Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集9

CD.151
・前奏曲とフーガBWV.544
 ハンス・ファユス(オルガン)

† パイプオルガンが活躍する管弦楽曲の一つに、サン=サーンス作曲交響曲第3番で「オルガン付き」と呼ばれている作品が有名。

‡ 動画は桜美林大のチャペルでの演奏。


J. S. バッハ:前奏曲とフーガ 変ロ長調 BWV544

桜美林大学のチャペルで行われているアフタヌーン・ミニコンサートでの演奏。

桜美林大学では、学生だけでなく近隣地域の皆様にも気軽に音楽を楽しんでいただけるよ­う、春学期と秋学期のお昼休みの時間にアフタヌーン・ミニコンサートをチャペルで開催­しています。オルガン、ピアノ、声楽、器楽など、バラエティーに富んだ演奏をお楽しみ­いただけます。

Organ:内海恵子 先生 Keiko UTSUMI

桜美林大学は学校法人桜美林学園が1966年に設置した大学である。桜美林学園はキリスト教主義学校として、1921年に米国オベレンカレッジで学んだ清水安三・郁子夫妻の創立した崇貞学園を前身とする。

《バッハ探究メモ》
バッハに関連した小説

『狂った旋律』
パオロ マウレンシグ , 大久保 昭男 訳
単行本: 211ページ
出版社: 草思社 (1998/12)

ロンドンのオークションで、17世紀チロル産のバイオリンを手に入れた「私」のもとへ、小説家と称する人物が訪れた。熱に浮かされたように、その楽器を買い取りたいと言う彼は、やがて自らの不思議な経験を語りはじめた…話者をかえながら、終始一人称で語られるこの小説の核になるのは、一人の辻音楽師の長い長い身の上話だ。ナチズムが影を落とすヨーロッパを舞台にした、彼の数奇な運命とは。そして最後に明かされる、意外な事実とは。50歳でデビューをはたした異色作家による、妙味あふれる小説。

30489620.jpg

Brilliant Classics J.S.バッハ:作品大全集8

CD.152
・前奏曲とフーガBWV.548
 ハンス・ファユス(オルガン)

† 両手・両足を駆使するオルガン演奏を見ていると人間の神経を考えてしまいます。どのように頭と指を使うのかとか心配します。

‡ このような複雑な動きをできる人間は凄いって思う。


Fugue e-minor (BWV 548) J.S. Bach

Aarnoud de Groen plays Johann Sebastian Bach's Fugue in e-minor (BWV 548)

《バッハ探究メモ》
バッハに関連した小説

短編集『無伴奏ソナタ』 (ハヤカワ文庫 SF (644))
オースン・スコット・カード , 野口 幸夫訳
文庫: 411ページ
出版社: 早川書房 (1985/12)

61QqXRnI9yL.jpg

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。