シリーズ:生活習慣を見直す28 バカンス

20121001 143815

・大型連休や夏休み、盆暮れなど長期に休みが取得できるにしても家族サービスとして本当に休みが取れないのが現状かもしれない。特に主婦は家事からの解放ができないと本当に気が休まることはない。仕事や家事からも離れてゆっくりと過ごす時間を持ちたいものだ。
スポンサーサイト

シリーズ:生活習慣を見直す27 ペットや草花

20121001 143812

・ペットロスが嫌ならば死なないものを愛でることがいいだろう。人間には信用が置けないと感じる人たちには裏切らない対象として動植物や自然に目を向けることはとても良いことだろう。

シリーズ:生活習慣を見直す26 サプリメント

20121001 143808

・栄養補助剤として様々なサプリメントが販売されている。基本的には自然界から食事の形で摂取するのが理想的だが、近年の食生活では偏った栄養である場合もあろう。そのために足りない栄養分をサプリメントで補うことも必要な場面もあるだろう。ただ補うという意味でしかなく、サプリメントを飲めば大丈夫と合点することは無理がある。

シリーズ:生活習慣を見直す25 五感を磨く

20121001 143805

・香りを楽しむことも人間の本能を再活性する効果がある。ただ近年は人工香料によって作られる香りばかりであり、それが身体の喜ぶものとは言えるのかは疑問がある。戸外に出て、空気を感じ草花を見ることは大事なことだろう。人間には本能的な力が内在されており腐った食品は受け付けないようにできている。

シリーズ:生活習慣を見直す24 発汗

20121001 143801

・汗をかかないのが快適な生活とばかり季節を感じない生活が文明生活と勘違いすることになっている。軽い運動や身体の老廃物を除去すると共に精神の老廃物も軽くすることができる。ただ運動が嫌いでも家事の延長で身体を使うことは可能だ。

シリーズ:生活習慣を見直す23 井戸端会議

20121001 143758

・落語には銭湯や髪結いの話が多いし、昔は井戸端という共用水道を使うことが当然であった。そこでは当然に世間話に話を咲かせることになる。それは単に要件を伝えるといったものではなく、生活に密着した会話を通してお互いを知りコミュニティを作る基礎となったに違いない。問題の答えを持っているのは、専門家や占い師ではなく実は近所のオバサンだったりする。

シリーズ:生活習慣を見直す22 単純なリズムに身を

20121001 143755

・太古のリズムや音というものがある。それは自然音に近いものや、原始にもあった道具の音、太鼓などの生活具の音だろう。単純なリズムに身を委ねることが、身体という人間の持つ限界を気づかせてくれるだろう。

シリーズ:生活習慣を見直す21 ケセラセラ

20121001 143751

・完璧な人はいません。欠けているからこそ補い合うことができます。他人を自分の鏡として見ることもできます。

シリーズ:生活習慣を見直す20 自分は自分

20121001 143748

・日本人の同質性は簡単に変えられるものではないでしょう。ただ自分らしさは大事にしたいもの。多様性こそが進化の要なのです。

シリーズ:生活習慣を見直す19 自分の気持ちに素直に

20121001 143744

・価値観に縛られないことが大事だと誰もが思っています。価値観が自分の想いと違うならば自分を信じて生きることも必要な時があります。
↑